体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄道博物館、トレインビューホテル…子どもと東京&埼玉の鉄道スポットへ

鉄道博物館、トレインビューホテル…子どもと東京&埼玉の鉄道スポットへ

みなさん、こんにちは! かつては鉄道アイドル、今はママ鉄の豊岡真澄です。
鉄道にまったく興味がなかった私がマネージャーの影響を受けて鉄子になり、いまや二児の母、ママ鉄になりました。
子どもが鉄道好きに! でもどこに行ったらいいのかわからない。そんなママはたくさんいるはず!?
そこで子どもと一緒に楽しめる、東京・埼玉の“鉄道スポット”をご紹介します。

子ども連れでも訪れやすい「東武博物館」

東武博物館 入り口

まずは博物館に行きましょう。私もよく行く、穴場の博物館をご紹介します。
8月10日からSL大樹が運転開始されることでも話題の東武鉄道。その東武鉄道の歴代車両がずらりと展示してあるのが「東武博物館」です。東京スカイツリーのある押上駅から東武スカイツリーラインで6分の東向島駅すぐそばにあります。
駅から近いだけでもママ的には助かるのに、屋根のあるところを通るので、雨の日も濡れずに入館できます。子ども連れでも安心して遊びに行ける、おすすめスポットです。

東武博物館 蒸気機関車

入ってすぐの蒸気機関車に、子どもたちは釘付け。ここでは汽笛を鳴らして、車輪を回転させる姿を見ることができます。

東武博物館 電車の仕組みを勉強できる

電車の仕組みを勉強できる、こちらの場所が息子のお気に入り。電車の屋根に設置されたパンタグラフの上げ下げができるだけでもたまりませんね。

東武博物館 ウォッチングプロムナード

もうひとつのお気に入りはウォッチングプロムナード。ここは東向島駅のホーム下に位置するので、駅に入ってくる車両の車輪やモーターなどが観察できます。この迫力は、ほかの博物館ではなかなか味わえません。子どもは飽きることなく楽しんでいました。

食事をしながら360度の東京パノラマが楽しめる「東京會舘 銀座スカイラウンジ」

次は東向島駅からJR有楽町駅まで移動し、電車が見えるところでおいしいご飯が食べられる「東京會舘 銀座スカイラウンジ」に向かいます。
有楽町にある交通会館のテラスはトレインビュースポットとして有名ですが、そのビルの15階に素敵なレストランがあるのです。なんとここでは、テーブルに着席したまま360度の東京パノラマが楽しめるんです。
「え? どういうこと?」と思いますよね。私もドキドキしながらお店へ。すると、床が動いている!  80分かけて、ゆっくりと360度回転するのです。面白い!! 銀座方面からスタートし、徐々に東京駅方面へ。景色を楽しんでいると、おいしいランチが運ばれてきました。

1 2 3 4 5次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。