ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

駐禁ステッカーを放置していると届くものとは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
駐禁ステッカーを放置していると届くものとは?

ちょっと用を足すために駐車して、戻ってきたら駐禁ステッカーが貼られていた…という経験がある人もいるでしょう。駐禁ステッカーを貼られると警察に出頭しなければならないイメージがあります。はたして、この駐禁のステッカーをそのまま放置していたらどうなるのでしょう?

駐禁は持ち主が放置違反金を払う

以前の駐禁取り締まりは、警察官がカギ付きの駐禁ステッカーを取り付け、違反者を警察へ出頭させて違反キップを切るシステムでした。このため、駐禁ステッカーを貼られたら警察に出頭するものと思っている人も多いでしょう。

しかし、2006年6月1日にスタートした駐車監視員制度は、駐禁は警察へ出頭しなくてもクルマの持ち主として放置違反金を払えば手続きは終了。違反キップは切られず違反点数も付きません。

これは、以前のシステムだと出頭しない違反者の追跡捜査に手間がかかっため。そこで、駐車監視員制度は出頭させて違反キップを切る形ではなく、駐禁を現認した後にナンバーから判明した車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更。しかも、現認の部分を民間委託することにしたのです。

駐禁ステッカーを放置すると納付書

このため、黄色い駐禁ステッカーには「警察へ出頭せよ」とは一切書かれていません。貼られても放置していると、ナンバーから判明した車両の持ち主へ警察から放置違反金の納付書が届きます。

金額は通常の駐車違反の反則金と同額です。これを払えば違反処理は終了となります。ところが、そうとは知らず警察へ出頭すると基本的に、警察からは青キップを切られて、反則金の納付書を渡されるのです。そして、青キップを切られれば1~3点の違反点数も付いてしまいます。

ただし、半年に3回駐禁の違反を繰り返すと、所有者責任として車の使用制限命令が出ます。車違反は迷惑なだけでなく危険を伴うことがあるもの。交通ルールはしっかり守りましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。