体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

布団は寝るためだけのものじゃない。キャンバスに見たてた布団で芸術が爆発してる

布団は寝るためのもの──。

そんな既成概念がひっくり返りそうな、アートな布団ブランドが誕生しました。

布団をキャンバスに見立てて自由に表現。アートな布団ブランド

20171109_futon1.jpg

日本の老舗布団メーカー6社が、クリエイターやアーティストとコラボして誕生したのが、新ブランド「FUTONSTAR」。

布団をキャンバスに見立てた自由な絵柄が特徴で、見ているだけでもわくわくしてきます。

10月に発表されたファーストコレクションにも、スター級の布団たちがずらり。

ヒップポップと和が融合した、ファンキーな布団

20171109_futon4.jpg

ORIEMON REMIX/コドモわた株式会社 1,512,000円(税込)

田舎のおじいちゃんの家で見かけるような和布団を、ファンキーにアレンジ。石川啄木の詩歌をグラフィック化したというクリエイティヴさにもそそられます。

シースルー × ハートキルトのファッショナブルな布団

20171109_futon3.jpg

HONEY OF TERROR/木村綿業株式会社 1,620,000円(税込)

「吸血鬼と美女」をテーマに作られた、ドリーミーな掛け布団。ピンクの綿が透けて見えるシースルーとハートキルトに乙女心くすぐられる。

寝相に自由を。大の字で寝られる円形布団

20171109_futon2.jpg

ASG GR AND/アサギ株式会社 2,030,400円(税込)

山形の自然からインスピレーションを得たグラフィックデザイン。直径205cmの円形布団には、大の字でダイナミックに寝たい。

インテリアの主役になりそうなロック布団

20171109_futon8.jpg

SANUKI L EGEND/四国繊維販売株式会社 1,296,000円(税込)

「こんな布団あったらいいな」をストレートに表現した布団。ヘヴィーでラウドなグラフィックと反して、布団はふんわり軽やか。ロックな夢を見られるはず。

富岡のシルクに包まれて熟睡。縁起がつまったシルク布団

20171109_futon5.jpg

NI-SHI- KI 24 FORCES/丸三綿業株式会社 2,592,000円(税込)

絹を綿にする、驚きの技術力を駆使して作られた1枚。「24」という数字や達磨大師の言葉など、縁起がつまった布団は、パワーをチャージしてくれそう。

宙に浮いてるような寝心地の、次世代ベッド & マットレス

20171109_futon6.jpg
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。