ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

布団は寝るためだけのものじゃない。キャンバスに見たてた布団で芸術が爆発してる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

布団は寝るためのもの──。

そんな既成概念がひっくり返りそうな、アートな布団ブランドが誕生しました。

布団をキャンバスに見立てて自由に表現。アートな布団ブランド

20171109_futon1.jpg

日本の老舗布団メーカー6社が、クリエイターやアーティストとコラボして誕生したのが、新ブランド「FUTONSTAR」。

布団をキャンバスに見立てた自由な絵柄が特徴で、見ているだけでもわくわくしてきます。

10月に発表されたファーストコレクションにも、スター級の布団たちがずらり。

ヒップポップと和が融合した、ファンキーな布団

20171109_futon4.jpg

ORIEMON REMIX/コドモわた株式会社 1,512,000円(税込)

田舎のおじいちゃんの家で見かけるような和布団を、ファンキーにアレンジ。石川啄木の詩歌をグラフィック化したというクリエイティヴさにもそそられます。

シースルー × ハートキルトのファッショナブルな布団

20171109_futon3.jpg

HONEY OF TERROR/木村綿業株式会社 1,620,000円(税込)

「吸血鬼と美女」をテーマに作られた、ドリーミーな掛け布団。ピンクの綿が透けて見えるシースルーとハートキルトに乙女心くすぐられる。

寝相に自由を。大の字で寝られる円形布団

20171109_futon2.jpg

ASG GR AND/アサギ株式会社 2,030,400円(税込)

山形の自然からインスピレーションを得たグラフィックデザイン。直径205cmの円形布団には、大の字でダイナミックに寝たい。

インテリアの主役になりそうなロック布団

20171109_futon8.jpg

SANUKI L EGEND/四国繊維販売株式会社 1,296,000円(税込)

「こんな布団あったらいいな」をストレートに表現した布団。ヘヴィーでラウドなグラフィックと反して、布団はふんわり軽やか。ロックな夢を見られるはず。

富岡のシルクに包まれて熟睡。縁起がつまったシルク布団

20171109_futon5.jpg

NI-SHI- KI 24 FORCES/丸三綿業株式会社 2,592,000円(税込)

絹を綿にする、驚きの技術力を駆使して作られた1枚。「24」という数字や達磨大師の言葉など、縁起がつまった布団は、パワーをチャージしてくれそう。

宙に浮いてるような寝心地の、次世代ベッド & マットレス

20171109_futon6.jpg

AIR COMFORT/株式会社マルゼン 3,348,000円(税込)

3D特殊カッティング技術により、ふわふわと宙に浮いてるような寝心地を実現。本革のベッドフレームがとことん贅沢な気分にしてくれる。

値段も機能性もスター級。現実的じゃないけど夢ふくらむ

20171109_futon_1.jpg

ついデザインに目が行きがちだけど、FUTONSTARの布団は機能性も最高レベル。布団メーカー各社がそれまで培ってきたノウハウを存分に発揮し、素材から縫製までとことんこだわって作られています。

デザインと機能性が良しとなれば、値段も自ずとスター級。なかにはセットで300万円を超えるものも…!

そこそこ良いものではなく、高くてもとことん良いものを…という思いきりの良さを感じます。

職人たちの布団業界を盛り上げたいという情熱と、クリエイターたちの遊び心が伝わってくるようでなんだかグッとくる。

たしかに多くの人にとっては現実的じゃないかもしれないけど、手が届きにくい憧れの存在であるからこそスターと呼べるのかも。

「こんな布団があったらいいのに…」を形にして、夢を見させてくれる布団界の新星から目が離せません。

FUTONSTAR, メルメルクロス株式会社

■ あわせて読みたい

あなたはサポートするタイプ? されるタイプ? #深層心理
NZに37歳女性首相誕生。子どもが欲しいかなんて聞かないで! [The New York Times]
ニット、いつ洗濯してる? 地味に気になる…
恋の不安、ちゃんと解消できてる? #深層心理
お腹へこむし、姿勢も良くなる。通勤電車でながらエクササイズ
心当たりあるかも…。あなたが本当は恐れているもの #深層心理
あなたが異性に求めるものは刺激? ときめき? それとも… #深層心理

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。