ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハリー・ポッターのARゲーム、ワーナーの専門レーベルより登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハリー・ポッターのARゲーム、ワーナーの専門レーベルより登場

 2017年11月8日、ワーナー・ブラザースのゲーム部門、ワーナー・ブラザース・インタクラクティブ・エンタテインメントと『ポケモンGO』で知られるナイアンティックは、J.K.ローリングさんの世界的ベストセラーシリーズ『ハリー・ポッター』の世界をモバイルARゲーム化したタイトル『Harry Potter : Wizards Unite (邦題未定)』を発表しました。作品の詳細については2018年に発表予定としています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このゲームは、ワーナー・ブラザースがJ.K.ローリング作品のゲーム専門として新たに立ち上げたレーベル『PortKey Games(ポートキー・ゲームス)』からリリースされます。「ポートキー」とは、ハリー・ポッターの世界で魔法使いが移動に用いるマジックアイテムの名前。現実世界からハリー・ポッターの世界へ移動するゲームをリリースしますよ、という意思が込められたもののようです。

 ゲームの開発を担当するのは『ポケモンGO』などで知られるナイアンティック。同社のジョン・ハンケCEOは、以下のようにコメントしています。

「ナイアンティックの目標は、技術を活用して、人々に現実世界で素敵なものを発見する喜びを提供することにあります。世界中で20年以上も愛され続けてきた『ハリー・ポッター』の素敵なファンタジーの世界を、もうすぐARとして、ファンは魔法使いになった気分で体験することができるでしょう」

 ワーナー・ブラザース・インタクラクティブ・エンタテインメントのデイビッド・ハダッド社長は、この『Harry Potter: Wizards Unite』について、以下のようにコメントしています。

 「このゲームで、私たちは世界中の熱烈なファン目線で、J.K.ローリング作品の持つパワフルで想像力豊かな世界に没入できるできるようになります。ナイアンティックの優れたAR技術で、この豊かな魔法の世界を、あたかもそこで生活しているかのように探検できます」

 すでにゲームの公式サイトが立ち上がっており、最新情報がメールで入手できる事前登録も受け付けが始まっています。また、公式Twitter(@HPWzardsUnite)や公式facebookページも開設されており、こちらからも最新情報の入手が可能です。

 また、J.K.ローリング作品専門のゲームレーベルとして作られた「Potkey Games」も公式Twitter(@PortkeyGames)やfacebookInstagramが開設されており、ハリー・ポッターのゲーム全体の動きなどがチェックできるようになっています。

(咲村珠樹 / 画像・Warner Bros. Interactive Entertainmentプレスリリースより)

関連記事リンク(外部サイト)

「命を救われました!」と感謝される事も 話題の「ママきたモード」開発秘話を大まじめに聞いてきた
矢口真里公認の炎上体感ゲーム『大炎笑』 Makuakeでプロジェクトスタート
『青鬼3』今冬リリースへ シリーズ最大スケールの無人島が舞台

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。