ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収600万円稼ぐ男を見つける時代は終わり。『夫婦で年収600万円をめざす!』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リーマンショックで夫婦同時失業した経験を持つファイナンシャルプランナー花輪陽子さんの『夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読みました。
この本には、お手軽ながら、ホントに効果の大きな「コスト削減策」が多く紹介されています。
 

・重複するコストがなくなるため、結婚すると独身時代より年間200万円カットできる(家賃、光熱費、デート代、電話代などが削減出来るため)。
・スーパーのチラシにくまなく目を通すよりも、毎月の決まった支払いである固定費の無駄をなくす方が効率的(固定費=住居費、保険料、嗜好品などのこと)。
・夫のおこづかいが月3万円では出世しない(収入アップを目指すうえで、交際費は非常に大切。男性はケチだと思われると、致命的に仕事に響く。妻の化粧品や子どもの洋服代を少しおさえて夫にまわせばいつか家族に戻ってくる)。

など気になる内容がいっぱい。また、独身の方に向けては、以下のようなメッセージがありました。

今の世の中で、年収が600万円以上もある男性を探し出して結婚するのは、なかなか険しく長い道のりです。それよりも、結婚して夫婦でともに年収600万円を稼ぐことをめざした方が、ずっと近道です」

600万円は自己投資や住宅問題、子育てにおいても重要な分岐点となる数字だそうです。これからは「いくら稼ぐか」よりも、「何にどうやって使うか」のほうがずっと大切
今は共働きを希望する独身男性が非常に多いと聞きますし、苦しい時代も2人で働けばリスク半分、チャンス2倍。そんな風に考えられたら、独身女性も出会いの幅が広がりそうです。
ちなみに本書は『夫婦で年収600万円目指す!』というタイトルですが、独身でマネープランに疎い私でも、楽しく読むことが出来ました。節約術というよりは、お金に対しての価値観を見直したり、これからの生き方について考えるきっかけとしてオススメの1冊です。
(ことだま師水蓮)



(マイスピ)記事関連リンク
京都版シーサー? こわカワイイ「鍾馗(しょうき)さん」は京都の屋根の小さな守り神
苦手な人と楽に付き合えて周りまで幸せにする『奇跡のイメージ・トレーニング』
京都・奈良の名所や仏像を紙で再現!? 『立体折り紙アート』って何だ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP