体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

温泉で美肌に!知る人ぞ知る伊豆下田の秘湯とレトロカフェめぐりを満喫

温泉で美肌に!知る人ぞ知る伊豆下田の秘湯とレトロカフェめぐりを満喫

みなさん、こんにちは! モデルの斉藤アリスです。

さて今回、私がやってきたのは静岡県の伊豆下田。いま下田がアツい! いや、涼しいんだけどいろんな意味でアツい! という噂を聞きつけて、さっそく友人と女子旅へ行ってきました。

静岡県の旬の食材を味わう!蔵のレストラン

踊り子号

JR東京駅9:00発の列車「踊り子号」に揺られること2時間半。最初にやってきたのは河津駅。終点の伊豆急下田駅のひとつ手前の駅です。

Antica Trattoria Dal Pirata 外観

わざわざ途中下車してまで行きたかったのが、築150年の蔵を改装したイタリアンレストラン「Antica Trattoria Dal Pirata」。南伊豆でよく見かけるのが、この黒と白が斜めに交差する“なまこ壁”の建物。150年前といえばちょうどバーバリーが創業したころ。ほぼ時を同じくして、伊豆下田にもチェック柄が存在していたのね!

Antica Trattoria Dal Pirata 料理

お料理に使うのは静岡県で採れた地元の旬の食材が中心。地産地消のスローフードをモットーに、イタリアで修業を積んだシェフが腕を振るいます。

この日のランチコースは、天城湯ヶ島育ちの紅姫あまごとキノコのパスタ(右下)、さわやか富士の鶏と季節野菜のロースト(左上)、デザートには梨のソルベ、自家菜園イチヂクのコンポートなど(右上)。すべてのお料理に地元の食材が使われているよ。

Antica Trattoria Dal Pirata 内観
1 2 3 4 5 6 7次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。