体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・松尾太陽さんインタビュー「仕事に正解はないから悩むことが今、楽しい」

超特急 松尾太陽 超特急 松尾太陽

超特急のバックボーカル・タカシとしても活躍中の松尾太陽さん。最近では俳優活動も行い、現在、dTV ×FOD共同製作ドラマ「花にけだもの」で“けだもの男子”のひとりであるクールでミステリアスな千隼役として出演中。“けだもの男子”って何? という話から、実はもともとアーティストではなく、俳優になりたかったという松尾さんの仕事観や知られざる一面までを紹介します。

 

まさかのスカウトに「これはチャンスだ!」と思いました

松尾太陽

――松尾さんは超特急のボーカルとして活動中ですが、もともとは俳優志望だったそうですね。

そうなんです。俳優に興味を持ち始めたのは小学4年生ぐらいの頃。新聞の広告欄に芸能プロダクションや劇団の広告が掲載されていて、僕もここに入ったら芸能人になれるのかな、なんて思っていたんです。それから広告を見る度に自分もなってみたいという憧れが出てきましたが、お金もかかりそうだし…と考えて具体的な行動は起こさなかったんです。そうしたら、小学6年生のときにスカウトされまして。

――これはやるしかない! と思ったわけですね。

まさにそれです! このチャンスを逃すわけにはいかないと思い事務所に所属して、演技レッスンに通うなどして活動をはじめました。ただ、なかなか演技をするお仕事もなく、ひたすらレッスンに励む日々。「僕、このままで大丈夫なんだろうか…」と思っていたときに、音楽グループのオーディションの話がきたんです。それで、オーディションで合格して、超特急のメンバーに決まりましたが、ボーカル担当になって。それまで本格的に歌ったことなんてないし、そもそも俳優になりたいんだから自分が目指しているのはそこじゃないし、と実は葛藤もありました。

 

俳優志望の自分に超特急の話が…。葛藤の中、答えを出した

松尾太陽

――葛藤しながらも、超特急に参加したのはなぜでしょうか?

ひとつしか強みがないより、2つあったほうがこれから芸能界で活動するのなら強いんじゃないかと考え方を変えたんです。俳優志望だからそれ以外のことをやらない、と頑なになるより、歌も歌えるし演技もできるほうが今後、プラスになるなと考えをシフトチェンジしました。

――視野を広げたんですね。でも、正直、興味のないことをやると「やらされている」感じになってしまい嫌になったことはなかったですか?

歌もダンスも初めてでしたから、レッスンやレコーディングは本当に大変で落ち込むことはありました。でも、嫌になることはなかったですね。アーティスト活動は俳優の仕事では経験できなかったことがたくさん学べたので。

――そして超特急の活動が5年目に入った今、少しずつ俳優のお仕事も増えてきましたね。

本当にありがたいですし、嬉しいです。最近のお仕事ではドラマ『花にけだもの』でクールな“けだもの男子”和泉千隼を演じています。

――“けだもの男子”ってすごいジャンルですけど、どんなけだものっぷりなんですか!!

僕も最初、聞いたときは「なんだそれ!?」って(笑)。最近「○○男子」という言葉が流行っていますけど、また新しいジャンルがきた!と思いました。ちなみに、このドラマでの“けだもの男子”の定義は「女の子に優しい」「強引で男らしい」「好きな子の前だけ素直」です。

――想像していた“けだもの男子”と違ってホッとしました(笑)。その定義、すごく女の子にモテるタイプじゃないですか!

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会