体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10-FEET、アルバム『Fin』発売記念スペシャル・トークイベントが大盛況

日本工学院蒲田キャンパス片柳ホールにて10月22日、10-FEETのニューアルバム『Fin』(11月1日発売)のリリース記念スペシャル・トークイベント『ほな、ちょっとだけ先に聴かせてもらえまっ会』、そして、毎週木曜日夜8時にTOKYO FMで放送されているラジオ番組『FESTIVAL OUT』の公開収録が行なわれた。
10月22日@日本工学院蒲田キャンパス片柳ホール (okmusic UP's)

MCを務めるのは『FESTIVAL OUT』パーソナリティーの大抜卓人。「スペシャルゲストです!10-FEET!」と紹介した後、Vo./Gt.TAKUMA、Ba./Vo.NAOKI、Dr./Cho.KOUICHIの順に10-FEETのメンバーがステージに登場! 会場中に盛大な拍手と歓声が湧き上がった。今回のイベントはニューアルバム『Fin』に収録されている15曲の中から、メンバーが抽選箱から1~15番のボールを引き、引いた番号の曲を試聴できるという内容になっており、運営を担当する日本工学院学生スタッフが抽選箱をステージまで持ってくると、それを10-FEETの3人はあたたかく迎えるーー。

1曲目はTAKUMAが15番のボールを引き当て、15曲目に収録の『何度も咲きました』の試聴が決定。スローテンポから始まり、アップテンポに切り替わるような同曲のパワー溢れるサウンドと歌詞が会場に響き渡る。

続いて、2曲目はNAOKIが引き、6曲目に収録されている『十二支』に決定。KOUICHIが「レコーディングの時にTAKUMAにいきなり歌え」と言われ、歌った曲がそのまま収録されたというユーモア溢れるエピソードもあって、「Ne Ushi Tora U Tatsu Mi」と歌うKOUICHIの歌声に会場にドッと湧き上がった。遊び心を忘れず、いつでも本気な10-FEET。KOUICHIがメインで歌う楽曲ということもあり、ライブではどのように披露されるのか楽しみだ。

そして、3曲目はKOUICHIが引き、4曲目に収録されている『ウミガラスとアザラシ』を試聴。今までのトークイベントでも一度も披露されたことがないという『ウミガラスとアザラシ』。ゆったりとしたテンポで、コーラスのハーモニーが魅力的な同曲をじっくりと聴く観客の姿が印象的だった。

4曲目は1曲目に収録の『1 size FITS ALL』のMVが流れる。10-FEETらしさ100%! 迫力のあるゴリゴリとしたミクスチャーサウンドに、観客も自然と身体が動いてしまう。サビ部分が関西弁になっているというところにも注目だ。

その後も10-FEETへの質問コーナーも設けられ、観客との距離がグッと縮まり、ライブ会場のような盛り上がった本日のイベント。笑いがこみ上げるような楽しいトークや、楽曲誕生のきっかけなど、10-FEET秘話やメンバー間のチームワークの良さが感じられた一日となった。

ちなみに『Fin』の完全生産限定盤と初回生産限定盤には、MV集や『京都大作戦2017』の模様も一部収録される。また、『10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018』は今年の10月31日~来年の6月11日まで開催される。今後もパワーアップし続ける10-FEETの活躍に目が離せない。
アルバム『Fin』
2017年11月1日発売

【完全生産限定盤】(CD+DVD+GOODS)

UPCH-29268/¥4,500+税

※“10-FEET20周年記念パスケース”付き!

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

UPCH-29265/¥3,500+税

【通常盤】(CD)

UPCH-20462/¥2,600+税

<収録曲>

■CD(3形態共通)

1.1 size FITS ALL

2.Fin

3.fast edge emotion

4.ウミガラスとアザラシ

5.ヒトリセカイ

6.十二支

7.HONE SKA feat.東京スカパラダイスオーケストラ

8.月 〜sound jammer せやな〜

9.夢の泥舟

10.火とリズム

11.way out way out

12.アンテナラスト

13.STANDin

14.太陽4号

15.何度も咲きました

■DVD(完全生産限定盤/初回生産限定盤 共通)

「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」

・DAY1 JUST A FALSE! JUST A HOLE! / VIBES BY VIBES

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。