ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Uber、空飛ぶタクシーの交通管理ソフトウェア構築でNASAと提携

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
配車サービスのUberは、同社が進める空飛ぶタクシー構想「Uber Elevate」の実用化を目指し、交通管理ソフトウェア構築でNASA(アメリカ航空宇宙局)と提携したと発表した。

同社のプロダクト部門トップJeff Holden氏がポルトガル・リスボンで開かれたウェブサミットで明らかにしたもので、2020年までのデモ飛行を目指す。

・実用化へ向け前進

飛行機などに比べ低空を飛行するタクシーの交通管理システムを、NASAと共同で開発する。これには飛行ルートの管理なども含まれるもよう。

空飛ぶタクシーはAirbusなども手掛けているが、どのメーカーも現段階ではまだ機体開発がメーンとなっている。今回、Uberがソフトウェア開発に着手することで、空飛ぶタクシーの実用化に現実味が加わる。

・ロスでも試験飛行

また、Holden氏は2020年に米国ロサンゼルスで試験飛行を行う考えも明らかにした。

ダラスとドバイに次いで3都市目となる。テストに使われる機体は4人乗り、時速200マイル(約322キロ)で飛行する。

2020年といえば東京オリンピックが開かれる年。デモ飛行とはいえ、タクシーが空を“走る”時代はすぐそこまできている。

Uber Elevate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。