ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠中の電車通勤。「あなたのお腹の子に譲るのよ」と声をかけていただきました

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、産休に入るまで仕事を続けていました。

通勤は朝早く出るなどしてできるだけ座れるようにしていましたが、昼間に電車での移動が必要な時は混雑した電車に乗らなければいけないこともありました。 関連記事:妊婦の生活は想像以上に大変。電車で立ちながら「大丈夫」と笑う妻に思ったこと by 吉本ユータヌキ

ある日、少し混雑した電車に乗ったのですが数駅で降りる予定だったこともあり、優先席から離れた場所で吊革に掴まって立っていました。

すると、近くに座っていた60代くらいのご夫婦の奥様が「どうぞ、座ってください」と声をかけてくださいました。

しかしご夫婦は旅行中のようで、スーツケースなど荷物をたくさん持っていたため、「ありがとうございます。でも、数駅なので大丈夫です」とお断りをしました。

すると、奥様は優しく私にこう言いました。

「あなたに譲るんじゃないのよ。あなたのお腹の子に譲るのよ。危ないから座ってちょうだい。」

電車は疲れている人も多く、座りたい人はたくさんいます。

妊娠している人に席を譲る・譲らないというのはよく話題にもなりますが、「あなたのお腹の子に譲るのよ」というとても温かい言葉を掛けてくださる方もいる、ということをお伝えしたく投稿させていただきます。 関連記事:譲り、譲られ、素敵な日本!私の行ってきた小さな小さな草の根活動<電車の席譲りエピソード後編> by さとえみ

著者:ゆまり

もうすぐ初めての出産を迎える28歳です。

仲の良い家族を築きたいです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠時の仕事は無理は禁物
やっぱりマタハラはなくならない?妥協するしかなかった…
マタハラ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。