体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲んで美味しい見て楽しい、瓶の中で華麗に花開くインテリアリキュールという提案。『酔中花/シャッフルール』

 

エディブルフラワーとは食べられる花のこと。食卓を華やかに彩ることから近年注目を浴びている。特にスィーツに用いることが多く、その美しさや可愛らしさから人気となっている。そんなエディブルフラワーだが、これははじめて見る人が多いのではないだろうか。その名も『インテリアリキュール』。エディブルフラワーを瓶の中に閉じ込めた見た目にも美しいリキュールである。

菊苗を専門に扱う会社・豊幸園だから開発することができた美しさをキープできる菊の花のお酒

製造元である豊幸園(愛知県)は菊苗を専門に扱う種苗会社。菊専門会社として業界内で確固たる地位を築いている。新たな取り組みとして品種改良を重ね、生で食べることが出来る食用菊「サラダマム」やリキュール菊花エキス配合「菊の雫」を手掛けている。花本来の美しさをそのままに、鮮やかな色合いとリキュールを融合させた商品を誕生させた。そして今回ご紹介する商品は、その菊花(品種:カレンデュラやマム)がそのまま閉じ込められたリキュールである。花本来の鮮やかな色を着色料不使用でお酒の中で保っており、技術の高さを感じられる。

菊の花に秘められた薬効はさまざま

菊は延命長寿の花として漢方の生薬に使われており、中国では古くから菊茶や菊花酒として飲まれているもの。日本ではおひたしにするなど菊の花を食べる習慣のある地域もある。眼精疲労や風邪、頭痛、皮膚疾患に有効とされており、殺菌や抗炎症など解毒作用もある。

 

花を眺めて楽しむインテリアとしても秀逸な『インテリアリキュール 酔中花』

『酔中花 カレンデュラ(M)』 (300ml・税込価格2,370円・2017年11月上旬予定)は、江戸時代に楽しまれた水中花のように、リキュールの中で花開くカレンデュラがとても美しい。

クリアボックスに入っている。

球体の瓶も可愛らしく、見る角度により楽しみの幅が広がる。

リキュールは白ワインベース。ロック、水割り、炭酸割りやカクテルのベースとして楽しめる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。