ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

卓球ドイツオープン、注目の日本人選手は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

卓球ドイツオープン、注目の日本人選手は?
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。11月8日(水)のオンエアでは、7日から始まったばかりの卓球の世界大会「ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン」について、見どころを元日本代表選手、新井周さんに伺いました。

国際大会でも、オリンピック、世界選手権に次いで格付けが高いドイツオープン。今回、自主参加も含めると35人の日本選手が出場しています。

中でもやはり注目は男子のエース、水谷隼選手。水谷選手は15歳で単独ドイツで技術を磨いてきた経験から、ドイツは第二のホームグランドといえるそう。その他にも女子の石川佳純、平野美宇、伊藤美誠の3選手が世界ランキング4位、5位、6位と好調な中、非常に期待値が高いということです。伊藤選手は一昨年、史上最年少でこのドイツオープンを制しています。

今回は、中国のトップ選手が数多く参加していることもあり、非常にレベルの高い大会になりそうだとか。

また、世界ランキング14位の早田ひな選手も注目とのことで、平野・伊藤両選手と同学年、組み合わせでも、2回戦で伊藤選手、その対戦の勝者がさらに平野選手と当たることになるので、日本人対決の勝敗の行方次第では早田選手がダークホース的な活躍となるかもしれません。

「若手選手が次々と育っているので東京オリンピックが楽しみ」という新井さん。昨今の日本の若手台頭については「東京にナショナルトレーニングセンターができたことが大きく、各地で行われている日本卓球協会の育成プログラムも機能している」と指摘。ナショナルトレーニングセンターは24時間練習ができ、寝泊まりもできる施設で、トレーナーや栄養管理まで高いレベルのサポートを受けられるそう。新井さん世代の各地を転々としていた時代に比べると、より競技に集中できる環境が整っているそうです!

次々と若手選手が登場し、盛り上がる卓球日本代表。オリンピックに向けて国際大会でも有力選手がエントリーしているドイツオープンに注目です!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。