体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛される部屋作りのコツは家族の動線。DIYアドバイザー末永京さんの素敵なご自宅【子ども部屋&その他編】

愛される部屋作りのコツは家族の動線。DIYアドバイザー末永京さんの素敵なご自宅【子ども部屋&その他編】

建売住宅を購入し、住む前からDIYで内装を大胆に作り変えたDIYアドバイザーの末永京さん。ご自宅を見せていただく連載最終回は、子ども部屋をはじめ、前回までにご紹介できなかったお部屋を一気にお見せします!

いつでも見守ることができる、明るくポップな子ども部屋

――リビングの隣は子ども部屋になっていますね。入り口にはドアがなくてリビングからも目が届きます。お子さんは何人いらっしゃるんですか?

「10歳、8歳、3歳と3人です。2階に寝室があるんですけど、普段はみんなここにいますね。子どもたちも下にいるほうが安心するみたいで」

――子ども部屋のDIYで一番のお気に入りはどこですか?

「最近押入れの勉強机をリフォームしたのですがここかな? 子どもの使いやすい動線を考えたので、前よりも使いやすくなったと思います。押入れの奥行きを利用してコルクで扉を作り、棚を作りました。下にも収納を作り、私のミシンなどを入れています」

――小学生の子の荷物ってどんどん増えますもんね。ほかのDIYも見せてください!

「この窓はDIY初心者のときに作ったんですよ。子どもの雑貨を飾るスペースが欲しかったので、障子を取り、木を買って組み立てました。思い出が詰まった窓枠です」

「チェストは買ってきたものなんですけど、引き出しにシートを貼ってリメイクしています。取っ手も好みのものを付けました」

「これもカラーボックスに脚を付けただけ。引き出しは専用のものを買い、取っ手の付け替えと壁紙も貼りました。同じ壁紙を背板にも貼っています」

「こちらの棚は1から作ったもの。お揃いで色違いにしました。学校でよく使う道具を置く棚にしています。長く使っているので味が出てきていますね」

「天井は味気ないクロスだったので、ビニールクロスを貼っています。壁もカッティングシートを貼ったり色を塗ったり。飽きたら剥がして別のカッティングシートを貼ったり、色も塗り替えたり気分で変えていますよ」

「子ども部屋の入り口のアーチも自分で作りました。曲がるベニヤ板を使っています。これはとても大変でした(笑)。でも、空間が断然かわいくなりますよね!」

――そういえば、キッチンの横にもおもちゃがありましたね。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy