ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「生理がきたら〇〇〇を新しくする」逃げ場を作って乗り切った、わたしの妊活ストレス解消法 by ぺぷり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

赤すぐみんなの体験記をご覧の皆さま、こんにちは!

はじめまして、ぺぷりと申します。

おませな5歳娘と、イヤイヤ期真最中の2歳息子と、単身赴任中の夫と暮らしているマイペース母です。

f:id:akasuguedi:20171102091919j:plainありがたいことに、今回から赤すぐみんなの体験記を描かせていただけることになりました。

現在は絶賛育児中なのですが、こちらでは時間を遡って、妊娠期(妊活期含む)から綴っていけたらなと思っております。

どうぞよろしくお願いします。

(注:登場人物の外見は美化しております。あしからずご了承ください…)

今回は妊活期の体づくりについて心掛けたことと、妊活中の心持ちについてを描かせていただこうと思います。

一人目の時はあまり妊活は意識していなかったのですが、

二人目の時はちょうど「妊活」という言葉が流行っていたこともあり、

結構力をいれて妊活をしていました。

ただ、「子供は授かりもの」とは本当にその通りで、

母にできることと言えば、赤ちゃんが来やすい体づくりをすることくらいでしたが。

その中で私がしたことは、

f:id:akasuguedi:20171102092031j:plain

鉄分、葉酸サプリ、ノンカフェインティ(私の場合はルイボスティー)は妊婦可の安全性の高いものを選んでいました。

また、卵子の老化を予防したりホルモンバランスを整えるビタミンEが豊富なアーモンドも毎朝食べるようにしていました。

f:id:akasuguedi:20171102092054j:plain

栄養素を意識しながら沢山食べすぎた結果、太ってしまいましたが・・・。

f:id:akasuguedi:20171102092114j:plain f:id:akasuguedi:20171102092129j:plain

私は気持ちよくできそうなヨガを重点的になっていました。

これらはどれも、妊活だけでなく、健康的な体作りに欠かせないことで、

生活を正すことで、これまでの生活がいかに不規則で偏っていたかも露呈しました。

f:id:akasuguedi:20171102092151j:plain

そうでなければ、一日中妊娠のことばかり考えてネットとにらめっこな生活になってしまいそうだったので。

これらが、私が二人目妊活期にしたあれこれです。

努力が実らず生理が来てしまったときは、

かなり落ち込んでしまい、それがストレスとなって次の月の妊活に影響を及ぼしそうだったので、生理後のお楽しみを作っていました。

私の場合は、

f:id:akasuguedi:20171102092301j:plain

というのをお楽しみにしていました。

そうすると「もうすぐ生理予定日・・・ドキドキ・・・まただめだったらどうしよう?

でも生理きたら新しいネイルできる!!ワクワク、どんなのにしようかな☆」

逃げ場を作ることで、不安定になりがちな生理前の気持ちを軽くすることができていました。f:id:akasuguedi:20171102092218j:plain

常に手元にあるネイルは気持ちを上げてくれるので、

私にとってはとても効果的でした。

私の場合はネイルでしたが、気分がリフレッシュできて心が喜ぶものならなんでもいいと思います。

毎月はできないけど、髪をバッサリ切ってヘアスタイルをガラッと変えてみるのも究極に気分かわっていいかもしれません。

ストレスは妊活にとって最大の敵なので、体を整えつつ、あとは心のケアを中心にしていました。 関連記事:減量、温活、ゲン担ぎ、呪文…。夫婦二人三脚で頑張った妊活期のアレコレ by pika

f:id:akasuguedi:20171106091135j:plain

著者:ぺぷり

年齢:30代

子どもの年齢:5歳、2歳

おませな5歳娘と、イヤイヤ期真最中の2歳息子と、単身赴任中の夫と暮らしている、ずぼら母です。

インスタグラム:@pepuritan

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

漢方と食事とヨガで妊娠しやすい身体づくり
結婚7年目にしてやっと授かりました
初めての妊活は生活習慣の改善からスタート。毎日のウオーキングがストレス解消に

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。