体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「注意」のつもりが“人格否定”と思われているかも?――山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支援するオンラインスクール「彩塾」の塾長として、これまでに600名以上の門下生を輩出。2016年から夫婦そろって中国での講演をスタートさせるほか、「夫婦コミュニケーション」をテーマにした講演活動にも力を入れています。

そんな山口拓朗さんが自身の経験から編み出した「夫婦円満法」を公開するこのコーナー。第8回は「相手を傷つける人格否定に注意」です。

f:id:fujimine:20171031162339j:plain

傷つけた側に自覚症状がない?

人は時として、言葉で人を傷つけることがあります。それは夫婦関係でも同じこと。あなたも、何気ないひと言でパートナーを傷つけたり、逆に傷つけられたりしているのではないでしょうか。——と書きましたが、この問題の根深いところは、多くの場合、傷つけた側に「相手を傷つけている」という意識がない(薄い)点にあります。それどころか、「自分は正しいことを言っただけだから悪くない」と信じてやまない人も少なくありません。

ここまでの文章を読んで、「自分は相手を傷つけることは言っていないから大丈夫だ」と思った人ほど注意が必要です。なぜなら、あなたが“そう思っているだけ”で、実際は“そうではない”かもしれないからです。言うまでもありませんが「傷つく相手が悪い」という考えは傲慢です。あらゆるハラスメントは、された側が“そう感じた”時点で成立することを頭に入れておく必要があります。

人格否定につながる言葉とは?

人はどういう言葉に傷つくのでしょうか? そのひとつが「人格否定」です。人格否定、つまり、人間性を否定されたときに人は傷つくのです。人間性というのは、その人の本質的・性格的な部分のことです。

「だらしない!」

「グズ!」

「バカ!」

「近寄らないで!」

「育ちが悪い」

「ダメな人間」

「頭が弱い(悪い)」

「のろま!」

「くさいからあっち行って!」

「何もできないんだな」

「その性格だから○○なんだよ」

「親の顔が見たい」

「気持ち悪い/気色悪い(キモい/きしょい)」

個人差はあるにせよ、こうした言葉を人格否定と受け取る人は少なくありません。

服を床に脱ぎ捨てる夫に「本当にだらしない人!」と妻が言ったとします。しかし、それは本当に「夫=だらしない人」なのでしょうか? 家で服を脱ぎ捨てるクセはあるかもしれませんが、人前では身なりを整えて、しゃんとしているのではないでしょうか。会社ではテキパキと仕事をしているのではないでしょうか。あるいは家でも、ひとたび料理を作らせると、万全の段取りと軽快な動きで、次から次へと料理を作っていくのではないでしょうか。本当に万事が「だらしない」のでしょうか。

出かける時間を過ぎても準備をしている妻に「本当にグズだな!」と夫が言ったとします。しかし、それは本当に「妻=グズな人」なのでしょうか? 出かける前の準備に手間取る傾向はあるかもしれませんが、家事や育児をそつなくこなしているのではないでしょうか。あるいは、お金のやり繰りに長けていたり、親戚づきあいや近所づき合いがうまかったりするのではないでしょうか。本当に万事が「グズ」なのでしょうか。

「行動の一部がダメ=その人がダメ」という論調・論法ほど危険極まりないものはありません。うまくいっていない夫婦の多くがパートナーに対して感情任せに(無自覚に)「人格否定」を行っている場合があります。これでは夫婦関係がギスギスするのも当然です。

人格否定は「飛躍した言葉」によって引き起こされる

f:id:fujimine:20171031162429j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。