ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

話題のバンド「odol」が5人から6人になった理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

話題のバンド「odol」が5人から6人になった理由
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。12月20日には自身も「THANK YOU BLUE」をリリースするラップシンガー、DAOKOとのコンビでお送りした11月7日(火)。この日は、話題のバンドodolがスタジオ生ライブを披露してくれました!

odolは、ミゾベリョウさん(Vo/Gt)、井上拓哉さん(Gt)、Shaikh Sofianさん(Ba)、垣守翔真さん(Dr)、森山公稀さん(Piano)、そしてDATSの活動と平行しながら先日、加入した早川知輝さん(Gt)の6人組バンドです。

odolとしては初めてのスタジオライブでしたが、早川さんはDATSとしても同番組に登場しており、スタジオライブをするのは今回で3回目! もう常連さんですね(笑)。

スタジオライブはお客さんがいないため、普段と違う雰囲気に緊張する人もいますが、odolのメンバーはお客さんがいない分、逆に落ち着いて演奏できたとみなさんとても楽しまれたようです。

もともと5人編成で、ギターはミゾベさんと井上さんの2人がいたのですが、そこに新たに3人目のギタリスト、早川さんを迎えたのは何か理由があったのでしょうか?

odol:そうですね。はやぴー(早川さん)が良かったっていう感じで。
藤田:はやぴーがギターじゃなかったら?
odol:入ってましたね。

ということは、もし早川さんがドラムだったら2ドラム編成になっていた可能性も!?(笑)

以前、井上さんがライブに出れないことがあり、サポートでライブに参加した早川さん。「その後に、井上もはやぴーも一緒に来てみようってなって、その時に6人で初めて音を出したんですけど、めっちゃ気持ちいいってなって」とのことでした。

今では、5人での演奏だと物足りない感じがするそう。音の数が増えるほどぶつかり合ったりする難しさもありそうですが、それもおもしろさの一つだと言っていました。

さらに、6人編成にしては、音数は少ないというメンバーたちに、「重ねて重ねて…っていう足し算みたいな前のめりな感じで入っているわけではなく、いいところに適材適所として音を入れているから、そんなに“音の壁”ではないんですね」と藤田。

しかし、とにかく一番重要なのは“音”よりも“一緒にやってて楽しい”ことだと言っていたodolメンバーたち。今回のスタジオ生ライブでも、それがよく伝わっていました。9月に1st EP「視線」がリリースされたばかりなので、そちらもぜひチェックしてみてください!

この他、DAOKOの選曲コーナー「DAOKOのなんじゃこりゃー」、そしてリスナーの“エモいお悩み”に曲で応えるコーナー「DAOKOのエモクリニック」もお送りしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。