ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】米津玄師、新作リリースを受けてDLソング&ALとストリーミング・チャート席巻

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】米津玄師、新作リリースを受けてDLソング&ALとストリーミング・チャート席巻

 2017年11月13日付(11月8日発表)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で米津玄師の「灰色と青(+ 菅田将暉)」、ダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で同じく米津玄師の『BOOTLEG』、ストリーミング・チャート“Streaming Songs”ではDAOKO×米津玄師の「打上花火」が首位となった。

 “Download Songs”は、先週7位だった米津玄師の「灰色と青(+菅田将暉)」が同曲収録のアルバム『BOOTLEG』の11月1日リリースを受け、チャートイン4週目となる今週1位に浮上した。米津玄師は、計12曲がTOP100圏内にランクインしている。僅差で2位デビューを果たしたのは、TVアニメ『魔法使いの嫁』オープニング・テーマのJUNNA「Here」で、1stシングルにも関わらず大健闘した。そして5位にMAN WITH A MISSIONの「My Hero」、7位にフェアリースターズ「FairyTaleじゃいられない」、そして9位にはTWICEの「LIKEY」が初登場した。

 “Download Songs”に多くの楽曲をランクインされた米津玄師は、“Streaming Songs”ではDAOKOとタッグを組んだ「打上花火」が1位に返り咲き、エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」との接戦を制した。3位には、TWICEの「LIKEY」が初エントリーし、大ヒット中の「One More Time」(今週5位)とともに、2曲がTOP10入りする結果となった。

 米津玄師の快進撃はまだまだ続き、“Download Albums”では2位のマルーン5『レッド・ピル・ブルース』に7000ポイント以上の差を付け、『BOOTLEG』が堂々の1位に。フィジカル・セールスを含む総合アルバム・チャート“Hot Albums”でも大差で首位をマークした。加えて、3位にTWICE『Twicetagram』、5位には10-FEET『Fin』(総合2位)、そして10位にはサム・スミスの『スリル・オブ・イット・オール』が初登場を果たした。

◎【Download Songs】トップ10
1位「灰色と青(+ 菅田将暉)」米津玄師
2位「Here」JUNNA
3位「打上花火」DAOKO×米津玄師
4位「風に吹かれても」欅坂46
5位「My Hero」MAN WITH A MISSION
6位「花の唄」Aimer
7位「FairyTaleじゃいられない」フェアリースターズ
8位「ヒューマン」WANIMA
9位「LIKEY」TWICE
10位「(RE)PLAY」三浦大知

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
2位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
3位「LIKEY」TWICE
4位「風に吹かれても」欅坂46
5位「One More Time」TWICE
6位「BIG CITY RODEO」GENERATIONS from EXILE TRIBE
7位「Wherever you are」ONE OK ROCK
8位「LIFE」AAA
9位「WanteD! WanteD!」Mrs.GREEN APPLE
10位「クローサー feat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ

◎【Download Albums】トップ10
1位『BOOTLEG』米津玄師
2位『レッド・ピル・ブルース』マルーン5
3位『Twicetagram』TWICE
4位『THE GIFT』Hi-STANDARD
5位『Fin』10-FEET
6位『15YEARS-BEST HIT SELECTION-』globe
7位『HIT』三浦大知
8位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
9位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children
10位『スリル・オブ・イット・オール』サム・スミス

関連記事リンク(外部サイト)

11月13日付 Billboard JAPAN ダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”
11月13日付 Billboard JAPAN ダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”
11月13日付 Billboard JAPAN ストリーミング・チャート“Streaming Songs”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。