ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」アニメ・チャート首位に返り咲き、JUNNAが初登場3位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」アニメ・チャート首位に返り咲き、JUNNAが初登場3位

 “JAPAN Hot Animation”で、先週12週ぶりに首位の座を明け渡したDAOKO×米津玄師「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌)が、再び同チャートの首位に立った。

 動画の再生回数、そしてストリーミングの2指標が支える「打上花火」のポイントだが、米津玄師がアルバム『BOOTLEG』をリリースしたことやDAOKOが12月にアルバムリリースを発表したこともあり、再度楽曲への注目が高まったのかダウンロードのポイント数が先週に比べて伸びたことが首位を奪還した一因だと言える。今守っている指標のポイントを維持できれば、来週以降もチャート上位をキープできる可能性が十分にある。

 また、TVアニメ『いぬやしき』のオープニング・テーマに起用中のMAN WITH A MISSION「My Hero」が同チャート初登場で2位を獲得。セールスとダウンロードのポイントが牽引し、「打上花火」にあと1歩のところまで迫ったが惜しくも2位に留まった。

 そして、「打上花火」「My Hero」のダウンロード・ポイント数を押さえ同指標で首位に立ったのは、TVアニメ『魔法使いの嫁』オープニング・テーマのJUNNA「Here」。JUNNAはTVアニメ『マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット”ワルキューレ”のメンバーとして、エースボーカル 美雲・ギンヌメールの歌を担当しており、2017年6月にソロデビューを果たした若手シンガーで、「Here」はダウンロード以外にセールスとTwitterで6位を獲得し総合でもTOP3にチャート・インする結果となった。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「My Hero」MAN WITH A MISSION
3位「Here」JUNNA
4位「未来の僕らは知ってるよ」Aqours
5位「ステップアップLOVE」DAOKO×岡村靖幸
6位「ピースサイン」米津玄師
7位「花の唄」Aimer
8位「Blooming Days」安部菜々(CV:三宅麻理恵)、五十嵐響子(CV:種崎敦美)、緒方智絵里(CV:大空直美)、道明寺歌鈴(CV:新田ひより)、早坂美玲(CV:朝井彩加)
9位「orion」米津玄師
10位「カラフル」麻倉もも

関連記事リンク(外部サイト)

11月13日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】アニメ・チャートの1位が12週ぶりに変動 Aqoursが断トツ首位に
MAN WITH A MISSION 新曲「My Hero」×『いぬやしき』コラボPV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。