ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オービスが光って見えるのは対向車テールランプ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オービスが光って見えるのは対向車テールランプ

オービスは無人式の速度違反の取り締まり装置。赤外線ストロボとカメラで、夜間でもハッキリと速度違反のクルマと運転者を捉えることで知られています。そんなオービスを夜間に通過するときに赤外線ストロボが赤く光ったように見えたことがあるはず。しかし、実際はオービスの発光でないことがほとんどです。

オービスの赤外線ストロボの発光

速度違反をしていなくてもオービスを通過するときは、つい赤外線ストロボに目が行きがち。そして、夜間に走行しているときに、オービスがポッと赤く光って見えた経験がある人は多いでしょう。

しかし、ほとんどの場合は対向車線を走り去るクルマのテールランプがオービスの赤外線ストロボに反射して光っているもの。実際のオービスの赤外線ストロボは、もっと強烈に発光します。

YouTube動画を検索すれば、実際のオービスの赤外線ストロボの発光を確認することが可能。ただし、原理的には赤外線ストロボは肉眼ではほとんど見えません。オービスは警告のために赤い可視光を発光させているようです。

Hシステムのオービスは置換が進む

また、オービスがすべて稼働しているとは限りません。中には、動作していないオービスもあるのです。とくに、Hシステムと呼ばれるはんぺん型のアンテナが特徴のオービスによく見られます。

Hシステムの製造メーカーは三菱電機ですが、2008年にオービス部門から撤退しており、現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみ。レーダー式オービスと同様に、ループコイル式への置換が増えています

Hシステムのオービスは、赤外線ストロボとアンテナとCCDカメラがワンセット。ところが、赤外線ストロボが取り外されていたり、よく見るとカメラのケース内が空っぽだったり、はたまたアンテナがなかったり…というケースが続出しているのです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。