体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分だけの自転車」を街中へ オーダーメイド自転車メーカー「Cocci」CEO・勝俣俊二

勝俣俊二

自分のやりたいことを仕事にしたい。誰もが持つそんな思いを実現している社会人は、何を考え、何を経験し、目標を叶えてきたんだろう。インタビューを通して「バイトで学んだことがその後のキャリアにどう役立ったか」「人生の岐路に立ったとき、どんなモノサシで自分の道を決めたのか」を聞いてきました。

今回紹介するのは、神奈川県にある自転車メーカー「Cocci」CEOの勝俣俊二さん(33歳)。オーダーメイド自転車の製造と販売を手掛けています。フレームにホイール、タイヤなどのパーツの色を自由に選んで自分だけのおしゃれな自転車を手に入れられるこのサービス。学生や若手ビジネスパーソンの間で人気を博しています。この独創的な事業を生み出した勝俣さんは、どんな道を歩んできたのでしょうか。

 

自分でデザインするオーダーメイド自転車を、たくさんの人へ

勝俣俊二

――どんな自転車を売ってらっしゃるんですか?

「Cocci Pedale」というブランドのオーダーメイド自転車です。シンプルで美しい、街乗りに適した自転車を追求して独自の設計を採用しました。最大の特徴はパーツの色を選んで自分好みの自転車をつくれること。フレームやタイヤ、サドルはもちろん、ペダルにチェーン、ロゴマークまで20のパーツそれぞれの色を14パターンから選べます。その組み合わせは天文学的な数字になりますよね。まさに世界に一つの、自分だけのおしゃれな自転車を手に入れられるんです。

――学生や若者から支持されているようですね。

事業をはじめるとき、若い人がどんな自転車を欲しているのかを調べるために渋谷の街や大学のキャンパスでアンケートをしました。300人以上の話を聞く中で、おしゃれな自転車ならお金を出して買いたいという意見が多いことに気がつきました。さらに、自分仕様にデザインをカスタマイズできるものへのニーズが大きかったです。出せる金額は5万円程度。この結果をもとにCocci Pedaleを立ち上げ、おかげさまで学生や20代の社会人の方を中心に好評をいただいています。

――店舗では販売していないのだとか。

はい。すべてインターネットで注文を受けて生産し、お客様のもとへ発送しています。ホームページ上でイメージを確認しながらパーツの色を選択して、自分の自転車をデザインしてオーダー。どの色を選んでも価格は5万5000円です。無数の色の組み合わせを用意しているので、本体は色が生きるようラインを細くしていますし、ブレーキの位置や配線、タイヤの幅などもデザインを邪魔しない設計になっています。製造は職人がひとつひとつ手作業で行います。塗装、部品の組付け、検査を自社工場で行い、出荷となります。また北海道から九州まで、各地のカフェや美容室、シェアオフィスとコラボして、試乗やメンテナンスの拠点も設けています。今後も長く大切に乗ってもらえるおしゃれな自転車を多くのお客様に届けたいと思っています。

「Cocci Pedale」のホームページ

 

美容師になるためにダブルスクール バイト時代に得たもの

勝俣俊二
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会