ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。

クラウドファンディングKickstarterにて、バッカーの集まりも上々のようですよ。

音楽もアートも楽しみたい

この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。 香港のデザイン会社Digital Oasis Limitedが開発中の「Visual Sonic」。スピーカー内蔵と聞くと、重たく分厚そうですよね。ところが総重量はたった2キロほど。厚みもわずかに2.5センチだそうで、これ、壁掛けスピーカーとしては極薄レベルなんだとか。この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。 Bluetooth4.0 (BLE)対応で、USBチャージで充電も可能。この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

このキャンバス、もちろん壁掛けのみならずそのまま床に置いても、壁に立てかけたってOK。空間を選ばずインテリアとして、アート作品として、もちろんスピーカーとして三役で活躍してくれるのもいいですよね。

ちなみに作品は、世界中の若手アーティストたちからピックアップ。抽象画からグラフィティまで、世界観はさまざま。きっとお気に入りの作品が見つかるんじゃないでしょうか。この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

置き型のスピーカーは数あれど、アート作品が融合したモノっていう感覚がちょっと新しいなと思いました。自分空間に色と音を添えてみるのはどうでしょう。200ドル(約23,000円)そこそこならば、悪くないかも。こちらから。Licensed material used with permission by Digital Oasis Limited

関連記事リンク(外部サイト)

「目と耳で楽しめる」アートな壁掛けスピーカー
クールに音楽を持ち歩く、「骨伝導スピーカー内蔵」サングラス
新しい音楽の持ち歩き方。「BASS EGG」は、あらゆるものをスピーカーに変える

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。