体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手づかみで食べる非日常感が楽しい♩原宿にオープンする「キャッチ ザ ケイジャン シーフード」に行ってきた

手づかみでエビやカニなどのシーフードをいただく“キャッチ”スタイルのレストラン「Catch the Cajun Seafood(キャッチ ザ ケイジャン シーフード)」が、11月9日(木)、原宿のキャットストリートにオープンします。

お箸やフォークを使わずに、豪快に手で食べるという非日常感が味わえる同店に、一足お先に行ってきました♩

手づかみで食べる「ケイジャン シーフード」

アメリカ西海岸やハワイなどに根付く“キャッチ”スタイルのレストラン「キャッチ ザ ケイジャン シーフード」。

お店はキャットストリートにある「LUKE’S LOBSTER(ルークス・ロブスター)」のビルの3階に位置しています。

入口では、真っ赤なネオンがお出迎え♡

店内は、広々としていて解放感たっぷりです。

サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフをイメージしているそうで、いたるところに碇や浮き輪、舵のモチーフがあって写真映えもバッチリ!

お皿をつかわずテーブルに直接料理をサーブするため、各席には紙のテーブルクロスが。

また、カニさんモチーフがたまらなくかわいい専用ハサミなども用意されています♡

お洋服を汚さないための紙エプロンは、4種類からチョイス。

“服着てる風”のエプロンもかわいいですが、おすすめは「I♡CRAB」なんだとか♩

店員さんの豪快パフォーマンスにくぎ付け♩

いよいよお待ちかねのお料理の登場。

今回は、西海岸の名物ダンジネスクラブと、ストーンクラブ、ロブスターなどが入った全部盛りのコンボをいただくことに。※左の一番大きいのがダンジネスクラブ。

メインをオーダーすると、店員さんが食材の入ったボウルをもって現れ、目の前で豪快にソースと混ぜ合わせてくれます。

1 2 3次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会