ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

真っ白で細身の更科そばとサクサクかきあげ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11月2日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、蕎麦通と東京の蕎麦店を巡る中で、「総本家・更科堀井・麻布十番本店」(東京都港区)が紹介された。同店は、都営大江戸線麻布十番駅から徒歩6分程にある、寛政元年(1789年)創業のそば屋だ。

お店で人気の商品として紹介されたのは「かきあげ・さらしな」(2,080円)だ。そばの実の中心部分だけを使用し、お湯を使って打つ上品で真っ白で細身の更科そばのザルそばだ。甘めのつゆでいただいた小林由未子さんは「のどごしがツルンツルンですね。おそば自体の甘みも強くて、このあまーいおつゆとの相性がすごくいい」と絶賛。お店に来ていたお客さんも「すごくおいしいです。ほのかなそばの香りの後に甘みを感じるって感じですね」とコメントしていた。そしてそのそばと一緒に運ばれてくるのが小エビとみつばを筒状に揚げたかきあげ。箸を入れるとザクッザクッと音がする軽い衣でサックサクの食感に仕上がっている。そんなかきあげの大きな塊を一口で食べた小林由未子さんは「サクサク!エビもぷりぷりだし、みつばの香りも光ってますね」とこちらにも舌鼓を打っていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:総本家 更科堀井 麻布十番本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:麻布十番のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:麻布十番×和食のお店一覧
ケールの葉を使用したハンバーガー「ザ・シュールーム」
3本のエビフライを挟んだ「エビフライサンド」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。