ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

iMessageで個人間送金ができる「Apple Pay Cash」、米国でベータ版開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
iPhoneのiMessageで送金ができる「Apple Pay Cash」のベータ版サービスが米国ユーザー限定で始まった。

親が子供にお小遣いをあげたり、友人に割り勘代を払ったりがiPhoneで簡単にできるようになる。

・iMessageにPayボタン

Apple Payはご存知の通り、iPhoneにクレジットカードやデビットカードを登録しておいて、対応店舗でiPhoneをかざすだけでショッピングができるというサービス。

ここに新たに加わったのが、個人間送金だ。iOS 11.2 beta2にアップデートすると、iMessageのなかにApple Payボタンが現れるようになる。

・数ステップで送金終了

実際に使うには、まずはApple Payボタンをタップして額を設定。そしてPayボタンをタップしてからTouch IDで承認すれば送金終了となる。

送ったお金は相手のWalletアプリのアプリのApple Pay Cashカードに入金され、相手はそのお金をすぐに使ったり、銀行口座に移したりすることができる。

こうした一連の送金手続きは、Siriを介しても可能となっている。現在の送金にかかる手間や手数料を考えると“超お手軽送金”といえる。

米国以外での同サービスの展開についてはまだコメントはないが、Apple Payが米国から始まって各国に広まったことを考えると、日本上陸もそう遠くはないのかもしれない。

Apple Pay

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。