ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】寝室の壁で情操教育! 子どもを持つ家庭向けのIoTシーリングライト「popIn Aladdin」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
いつも家族で過ごす寝室。そこが巨大な情報共有の場所になったら、どんなに楽しいだろう。

IoTシーリングライト「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」の開発は、そんな思いから始まった。毎日繰り返される“おやすみ”と“おはよう”の時間に、子どもの世界観を広げる厳選コンテンツと、親向けの子育てコンテンツを、壁一面に映し出すスマート家電。AI音声認識によって操作し、ライトの色も選択可能。“うごく太陽系”“学習ポスター”“童話の朗読”など、壁をプロジェクターに見立て、豊富な知育コンテンツを提供する。子どもの知性を育みつつ、親子の絆を深める、愛に満ちた製品だ。

現在、Kickstarterで支援募集中の本品。評判は上々で、目標額に向けて、着々とサポーターを増やしているところだ。開発元であるpopIn社の代表取締役、程 涛(てい とう)氏に、早速話を聞いた。

・3児の父の思いがいっぱいに詰まった製品

Q1:まずは、このような製品を開発するに至ったきっかけから、お聞かせください。

私には実生活において、3人の子ども(4才、2才、0才)がいます。その子たちと一緒に過ごしながら、「家の中で子どもの世界観を広げる方法」を、模索してきました。それで、壁に貼った学習ポスター(地図、九九表など)を見ているうちに、毎日壁一面でいろいろな学習情報や、自然に接触できればいいな、と考えようになったのです。

それを実現するために、自ら市販品のプロジェクターを利用して、実験を繰り返しましたが、満足するものが世の中にはありませんでした。そこで、「こうなったら自分で作るしかない!」と決意し、本製品の開発に至りました。

Q2:今回、2つのメディアとのコンテンツ連携を発表されました。この連携によって、製品はどのように変わったのでしょうか。

これまでに、3つのメディアおよびサービス(こそだてハック、いこーよ、小児科オンライン)と提携してきました。この提携によって、子どもの世界観を広げるだけでなく、親が簡単に必要な子育て情報を入手できる環境も、実現できました。

さらに、子どもが病気になったときなどの緊急時に、小児科の先生にも相談できる、新しい魔法のランプのような存在に近づけたと思います。他社との連携は、今後も進めたいと考えております。

・CEATECでもお披露目

Q3:開発にあたって最も苦労されたのは、どんなどころでしょうか。

popInは元々ソフトウェアの会社であり、ハードウェアを開発・販売した実績はありません。そのため、いかにハードウェアを作るかという基本的な部分に、一番苦労しました。

幸い、ハードウェア開発経験が豊富な協力会社からサポートを得て、無事スケジュール通りに、デモ機が完成しました。おかげさまで、CEATECという家電IoTイベントで、お披露目することもできました。

Q4:クラウドファンディング以降の展開について、教えてください。

クラウドファンディング終了後は、来年の量産フェーズに向けて、生産豊富の製造業者と組み、満足していただける製品レベルまでブラッシュアップして、皆さまへお届けします。それまでに、多くのメディアと、サービス提携などを増やしていくつもりです。

子育ての期間は短い。親子がともに過ごし、楽しむ時間はごくわずかだ。一瞬の光の矢のように貴重な時を、大切にしてほしい。本品には、そんな願いが込められているように思う。(取材・文 乾 雅美)

popIn Aladdin

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。