体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【香港旅】クルーズ船が最高すぎる7つの理由 / ゴージャスな船内で遊んでたら目的地に到着(笑)!

07_DSC_0816

記者は先日、香港発着のクルーズ周遊2泊3日の旅を体験したが、それはあまりにも素晴らしく、プレミアムでゴージャスでありながら、鼻血が出るほどリーズナブルなものだった。

・クルーズの旅がいかに素晴らしいか!
日本人にはあまり馴染みのないクルーズの旅だが、旅行好きならその魅力を知らずにいるのは非常にもったいない。クルーズの旅がいかに素晴らしいものなのかをお伝えしよう。

01_GDR_Aerial_2

・豪華客船なんて高いんじゃないの? → 豪華だけど高くはないよ!
記者が体験したドリームクルーズのプレミアム船「ゲンティン ドリーム」の料金は、香港発着で周遊を楽しめる2泊3日のコースで最安値が31,850円だった。もちろんフカフカベッドの個室に宿泊でき、船内にある無料レストランでは追加料金なしで食事を楽しむことができる上に、さまざまなショーの観覧や、プールなどのエンターテイメント施設も無料で利用できる。

食事代も込みで1泊16,000円程度で宿泊できると思えば、それだけでも元を取れたと考えてもいいのでは。もちろん「ゲンティン ドリーム」のみならず、他のクルーズ船でも同じくらいの価格帯から楽しめると考えて良い。

04_IMG_6890

・周遊するだけじゃ楽しくないだろw → いろいろな目的地に寄れるコースもあるよ!
クルーズ周遊の旅で船内の施設を満喫するのも良いが、いろいろな港に寄港できるコースもあり、それこそがクルーズの醍醐味だと言えるだろう。例えば2017年11月からドリームクルーズの「ワールド ドリーム」なるプレミアム船が香港から発着し始めるが、5泊6日でマニラやボラカイ島、またはホーチミンやニャチャンにも寄港するコースがある。

例えばマニラやボラカイ島に寄港するコースでは、3日目の朝にマニラに到着し、夕方に出発。翌日朝にはボラカイ島に到着し、同じく夕方まで滞在できる。しかも余計な荷物は船内に置いておくことができるため、手ぶらでビーチに遊びに行くなんて言うことも可能だ。

01_GDR_Aerial_6

同じコースを飛行機で移動するとなれば、移動時間こそ一瞬かもしれないが、どうしても待ち時間や飛行機内で何もできない時間が発生してしまう。しかしクルーズなら移動速度こそ遅いものの、移動中の時間は船内で自由気ままにリラックスできるのだ。

移動時間を遊びの時間に変えることができる。それこそがクルーズの醍醐味なのである。ちなみにこのコースは最安値が79,700円となっている。

・無料レストランってショボそう → そんなことないし、有料レストランも最高だよ!
クルーズの代金には無料レストランでの食事代も含まれているが、この無料レストランのクオリティはかなりのもの。多種多様な料理を楽しむことができるため、飽きることはまずないだろう。

11_DSC_0797
17_DSC_0843
14_DSC_1087
29_DSC_1013
これらの写真は旅行中すべて無料で食べることができた料理だ。

1 2 3次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。