体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スコットランドの孤島で受け継がれる伝統の技術

スコットランドの孤島で受け継がれる伝統の技術
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAPPORO AINO Skal WHITE SOUR GOOD TIME!」。11月7日(火)のオンエアは、スコットランドの孤島に伝わるハリスツイードのストーリーをお届けしました。

ヘブリディーズ諸島と呼ばれるスコットランドの島々の連なりは、今もゲール語が響くケルトの世界で、古の神話、魔法の物語が伝わります。

たとえば島々のひとつ、ルイス島には、3、4メートルはあろうかという巨大な石の遺跡、スタンディングストーンが空に向かってそびえたっています。

そんなルイス島から地続きになったハリス島は、あるもので世界的に知られています。それはハリスツイード。

この島の白く長く大きな入り江の奥のほうに、茶色くさびたトタン屋根の小屋があります。ここがハリスツイードカンパニー。といっても、仕事場はわずか15平方メートル程度のスペース。有名なハリスツイードがこんなところで編まれているなんて、と思うことでしょう。

訛りの強い英語で話を聞かせてくれた、あるハリスツイード職人は、「もう何十年になるだろうか。高校卒業後、すぐに織り始めたよ。父親が先生さ」と話します。涼しい夏も、冷たい冬も、愛とぬくもりのツイードを織り続けてきました。

ハリスツイードには三原色のような基調となる色があります。島の地面を覆うヘザーといわれる草の色。島のあちこちでとれるピート(泥炭)の色。そして初夏に咲くヘザーの小さな花の紫色。

錆びたトタン屋根の小屋の中に、今日も織り機の音が今日も響きます。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会