ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シャネルもプラダも。今季のファッションウィークはみんなボサボサ髪だった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界各都市でおこなわれた2018年春夏のファッションウィーク。

今回ショーを見ていて感じたのは、モデルの髪がとにかく無造作だということ。

2018年春夏コレクション。髪型はみんなボサボサだった

ランウェイを歩くモデルたちの髪。

しっかりセットされたスタイルではなく、ボサボサ感があったりそろっていなかったりと、とにかく自然体なスタイルが目立ちました。

CHANELさん(@chanelofficial)がシェアした投稿 – 2017 10月 6 8:21午前 PDT

とくに印象的だったのが「CHANEL(シャネル)」のショー。モデルたちが濡れてベシャッとした髪にビニールのハットをかぶっていました。

この髪のルーズさと対照的なヴィヴィッドメイクが絶妙なバランス。

TOM FORDさん(@tomford)がシェアした投稿 – 2017 9月 8 11:17午前 PDT

抜群にかっこよかったのは「TOM FORD(トム フォード)」のショー。斜めに流した無造作なショートなど、メンズライクなスタイルが目立ちました。

Pradaさん(@prada)がシェアした投稿 – 2017 9月 27 8:09午前 PDT

今季、私がもっとも気に入ったのが「PRADA(プラダ)」のショー。

モデルのほとんどが、おでこに前髪をチョロっと垂らすアレンジに。なんでもない自然なヘアスタイルなのに、マンガやコミックをモチーフにした派手なプリントが施された今季のプラダのコレクションに、驚くほどマッチしていました。

また、「HERMES(エルメス)」や「CÉLINE(セリーヌ)」などの老舗ブランドで見られたのは、何も手を加えていないセンター分けのロングやボブ。素髪を生かしたスタイルに品の良さを感じました。

トップブランドの服にはボサボサの髪くらいがちょうどいい

こんなに無造作でボサボサなヘアスタイルとトップブランドの服が合うなんて…。

普段からあまりヘアケア商品を使用しない自称”ボサボサ”な私は、なんだかうれしくなりました。

私が考えるに、トップブランドの洗練された服に合わせてヘアスタイルまで完璧に整えてしまうと、お互いが主張しすぎて服が引き立たない。

だからこそ、ほどよく力の抜けた無造作な髪のほうが、トップブランドの服との絶妙なアンバランス感が生まれるのです。

ということで、来年も自然体なボサボサヘアでいくことを決意できた、今季のファッションウィークでした。

写真/gettyimages

■ あわせて読みたい

2億円のファンタジー・ブラ。実用的じゃない、けどなぜか気になる
真似したいテク満載だった。パリジェンヌのオンオフコーデ
ファッション界を引っ張るアジア系インフルエンサー。親近感わくし、真似しやすい
グッチがファー利用廃止へ。ファッションは思想的に納得して楽しむ時代きた
えっ、どういうこと? 東京で「見えない」ジーンズ誕生
インスタから再ブーム。トミーヒルフィガーのロゴに「ほしい!」が止まらない
シャネルの防雨グッズ。ビニール素材のブーツやハットに近未来を感じた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。