体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雲の上の高級ホテル! シンガポール航空のスイートルームが超贅沢

シンガポール航空はこのほど、エアバスA380機に新たに導入する客室のデザインを公開した。

スイートルームにはベッドや32インチのフルHDタッチスクリーン、専用のワードローブなどを設けるなどかなり贅沢なつくりになっている。

・ゆったり空間を確保

新デザインでは、客の要望を取り入れ、各座席の空間を広めにするなどプライバシーに配慮しているのが特徴。

中でもスイートルームはスライドドアを閉めると完全個室になる。個室内には、いかにも高級そうな革張りの座席とは別にベッドが用意され、専用のワードローブやトイレ、洗面もついている。

・カップルにはダブルベッド

ちなみに、最前列のスイートルーム2つは仕切りをとってつなげることが可能で、それぞれのベッドをくっつけるとダブルベッドになる。

また、照明の明るさは5段階で設定できるほか、コンセントやUSBポートなども備わっているので機内でも快適に仕事をしたり読書したりすることができる。

食事は有名メーカーの食器で提供され、アメニティやエンターテイメントプログラムも充実。搭乗から着陸まで高級ホテルに滞在する感覚で過ごせること間違いなしだ。

このリッチなスイートルームを備えた機体は、まずはシンガポール−シドニー線に12月から導入される見込み。

シンガポール航空

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会