ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

15年経った今も第一線で活躍している理由とは? / 『レッド・ピル・ブルース』マルーン5(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
15年経った今も第一線で活躍している理由とは? / 『レッド・ピル・ブルース』マルーン5(Album Review)

 アプリで“カワイく”加工されたメンバーの顔写真が並べられたジャケ写。正直、これを見て期待薄……と思ったが、ご安心を。悪く言えば狙った売れ線だが、流行を確実に取り入れた外さない展開は、どうやっても否定できない。2002年のデビューから15年経った今も第一線で活躍しているのは、どういう曲やビデオをリリースすれば注目されるか、ファンは納得するかということを、常に意識しているからだろう。

 本作からは、既に3曲のシングルがリリースされている。1stシングル「ドント・ワナ・ノウ」は、【第58回グラミー賞】で最多11部門にノミネートした、ケンドリック・ラマー参加のトロピカル・ハウス。連発するサビが印象的な中毒性の高いダンス・トラックで、全米6位・全英5位の大ヒットを記録した。制作は、彼らの代表曲「ムーブス・ライク・ジャガー」(2010年)を手掛けた、アマー・マリク&ジョン・ライアンが担当している。

 2ndシングルの「コールド」では、全米アルバム・チャートで2作連続の首位獲得が話題となった、フューチャーがラップを担当。売れっ子プロデューサーのベニー・ブランコが手掛けただけはあり、今っぽいクールなトラップ・ソングに仕上がっている。そして、8月末にリリースしたばかりの3rdシングル「ホワット・ラヴァーズ・ドゥ」は、デビュー・アルバム『Ctrl』がロングヒット中の女性R&Bシンガー、SZAとコラボしたエレポップ・チューン。制作陣には、カルヴィン・ハリスやケイティ・ペリーなどの人気シンガーを手掛けるスターラや、スウェーデンの音楽プロデューサー=ネイキッドなどがクレジットされている。

 3曲の先行シングルからも予想できたが、本作『レッド・ピル・ブルース』は、4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』(2012年)や前作『V』(2014年)よりも、さらにR&B色を強めたナンバーが目白押し。エイサップ・ロッキーやランチマネー・ルイス、デビュー曲「イシューズ」でブレイクした女性シンガー・ソングライターのジュリア・マイケルズなど、その他のゲスト陣や、ディプロやリッキー・リード、サーキットなど、制作陣の名前を見てもそれは明らか。

 ザップやザ・タイムを意識したような80年代ファンク「ベスト・フォー・ユー」、大ヒット曲「シュガー」路線の「ヘルプ・ミー・アウト」、マルーン5らしいエレポップ「ウェイト」、不思議な世界観のトラップ・バラード「リップス・オン・ユー」、エイサップ・ロッキーが気だるくラップする「ウィスキー」など、どの曲もシングルとしてリリースできるクオリティの高さ。アダムのファルセットに酔いしれる激甘メロウ「デニム・ジャケット」や、ラテン調のミッドチューン「ベット・マイ・ハート」など、スロウも充実している。ランチマネー・ルイスのラップがイイ具合にアクセントになっている「フー・アイ・アム」や、ファンク・ロック調の「ヴィジョンズ」など、初期の作品に近いナンバーもチラホラ。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『レッド・ピル・ブルース』
マルーン5
2017/11/3 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

マルーン5、「俺たち全員に多大な影響を与えた」と語る故クリス・コーネルのカヴァーを披露
マルーン5、2018年北米ツアーを発表
マルーン5、ジュリア・マイケルズとのコラボ曲のリリック・ビデオ公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。