体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周で1,000人カット 旅人美容師・桑原淳に聞く、バイトを通して学んだ社会人としてあるべき姿とは

kuwahara_05 桑原 淳(くわばら じゅん)さん

自分のやりたいことを仕事にしたい。誰もが持つそんな思いを実現している社会人は、何を考え、何を経験し、目標を叶えてきたんだろう。インタビューを通して、「バイトで学んだことがその後のキャリアにどう役立ったか」「人生の岐路に立ったとき、どんなモノサシで自分の道を決めたのか」を聞いてきました。

今回紹介するのは、旅する美容師・桑原淳さん(29歳)。2016年、「1,000人ヘアカット世界一周の旅」を成功させて話題になりました。帰国後は独立し、ブロガーやセミナー講師として幅広く活動。そんな桑原さんがバイトから得たものとは。

 

バイトの師匠の教え「他人と同じことはやるな」

桑原 淳(くわばら じゅん)さん

――初めてのバイトは高校時代だったそうですね。

中学のときから美容師になりたかったので、高校は行ければどこでも良いと思っていたんです。「学校で学ぶものはない」とさえ思っていました(笑)。初めてのバイトは地元で有名なそば屋さんでした。稼いだお金でバイクを買うのが目標だったのですが、なんだかんだで卒業まで続けていましたね。キッチンの担当として調理の補助をしていました。昔からものづくり全般が好きだったので、料理を少しずつ覚えていけて楽しかったですね。美容師になりたいということも話していたので、「業種は違っても生きる部分はあるから」と社長も先輩たちもいろいろ教えてくれました。

――今の桑原さんに影響を与えている部分もあるのだとか。

仕事観っていうんでしょうか。バイトを通して社会人としてあるべき姿を教わりましたね。とくに社長からは「人と同じことをするな」っていうのはよく言われていました。それをやっていると現状維持で成長も発展も起こらない。もし10回飲み会があったとしたら1回は行かないで、時間とお金を自分のために使ったほうがいいって考え方ですね。今でも仕事で悩んだときに相談しにいったり、お店にはちょくちょく顔を出しています。

 

狭い視野を広げたい一心で世界一周へ

桑原 淳(くわばら じゅん)さん

――専門学校卒業後はすぐに美容室に就職されました。

憧れていた東京・青山にある美容室に勤務していましたが、2年後に神奈川郊外の新店へ異動になってしまったんです。人も街もどうしても好きになれなくて、そのままその美容室を退職。その後、しばらく一人旅をしながら先の人生を模索していたとき、世界一周の旅をしてきた人と出会ったんです。世界にはたくさんの国や地域があるけど、僕は地元の山梨と東京のことしか知らない。自分の視野ってすごく狭いんじゃないかなって思ったんです。もともと海外に興味があったし、自分も世界一周をやってみたいと思いました。

――すぐには旅に出なかったんですね。

「3年後、25歳になったら海外に出る」と決め、都心の別の美容室に就職。お金を貯めながらスキルを磨いたり英語を学んだり、海外に行くための準備を進めました。旅を終えたら日本に戻って自分のお店を持ちたいという夢もありましたね。そして2014年、旅に一つの目標があったらいいなと思って直感的に「1,000人カット」というテーマを決めて世界一周に出発しました。韓国を皮切りにアジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸と渡り、段ボールで作った看板を掲げて街頭で切ったり、現地の美容室で切らせてもらったりしながら、最終的に1年8カ月かけて62カ国、1,301人の方々のカットをしました。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会