ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1時間座り続けると余命が◯◯分縮まる!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1時間座り続けると余命が◯◯分縮まる!?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。11月6日(月)のオンエアでは、座りすぎが引き起こす健康のリスクと対処法について、早稲田大学教授・岡浩一朗さんにお聞きしました。

岡さんによると、最新の研究では「1時間座り続けると22分余命が縮まる」、また、「1日11時間以上座っている人は、4時間未満の人より、死亡のリスクが40%高まる」といった研究データも発表されたそうです。

また、2時間以上座り続けた後の血液の状況を調べると、明らかな血糖値の上昇が見られ、「30分のうち3分程度動くだけで、血糖値が約24%減る」というデータもあり、座りすぎは糖尿病のリスクが高まることも分かっているそうです。

「座ったまま足を全く動かさないと全身の血液が悪化し、代謝機能も低下して太りやすくなり、心臓病やがんなど、多くの病気を誘発することも分かってきました。ほかにも、座りすぎていると、頭の中が活性化されず、うつ病などのメンタルヘルスにも悪影響を及ぼしたり、首や肩、腰などの凝りや故障も起こりやすくなります」(岡さん、以下同)

では、どのようにして予防すればいいのでしょう? 岡さんによると、第1の予防策は「立つこと」だそうです。

既に、アメリカのグーグルやフェイスブックをはじめとした、シリコンバレー系の企業では“スタンディングデスク”の導入が始まっていて、立って仕事をすることが当たり前になっているとか。日本の企業や大学の教育機関でも、スタンディングデスクの導入を始めているところがあるそうです。

「仕事や家庭で座りすぎの状態が続いている方は、できれば30分に1度、3分程度、最低でも1時間に1度、5分程度立ち上がり、動くだけで座りすぎのリスクが減らせます」

こうして活動量を増やせば、血糖値や中性脂肪の値にも変化が現れ、太りにくくなることも分かっているそうです。岡さんは、職場なら作業の手を休めて立ったついでにゴミを捨てに行く、必要なものをロッカーに取りに行く、書類をシュレッダーにかける…などをして一定のペースで立ち上がることをおすすめしていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。