ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冬生まれの赤ちゃんは大変だ!生後2ヶ月で高熱が出て入院することに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20161025133821j:plain

うちの3人目は11月の下旬に生まれました。すでに外は寒く、冬に差し掛かっていた頃です。

上の2人は春生まれと夏生まれで、冬に小さな赤ちゃんをお世話するのは初めてのことでしたので、産婦人科で助言をもらったり、本などで情報を集めたりしました。

新生児期は特に、赤ちゃんを寝かせる場所と加湿に大変気を使いました。

服も厚手の物を着せるのではなく、重ね着をさせて、赤ちゃんの状態に合わせて脱ぎ着できるようにしていました。

当時、上の子たちは保育園に通っていました。帰宅後は必ず手洗いとうがいをさせて、家族全員が健康でいられるように気を配っていました。

しかし家庭でどんなに気を付けていても、保育園は集団生活ですので、どうしても病気を持ち帰ってしまいます。

生後2か月になった2月上旬、どこから病気をもらったのか分かりませんが、赤ちゃんは鼻水が出始めました。

悪化するといけないので、かかりつけの小児科にすぐに向かいました。診察の後は、薬をもらい、すぐ家に帰りました。

その数日後の土曜日のことです。私は3人の子どもを連れて、実家に遊びに行きました。

夕飯を食べ終わった頃、赤ちゃんが何となく熱いことに気付きました。体温を測ると、すでに38度まで上がっていました。 関連記事: 生後2ヶ月、原因不明の高熱で入院。たくさんの検査を小さな体で乗り越えた我が子

かかりつけの小児科は夜間でも電話での相談にのってくれるところでしたので、すぐに電話をかけ、状況を説明しました。すると、「できるだけ早く救急病院に行った方がいい」と言われました。

最寄りの救急病院に電話をすると、「生後3か月以内の赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれてくるので、よほどのことがない限り38度のような高熱を出すことはない」と言われました。

上の子たちを両親に預け、赤ちゃんと二人ですぐに病院に向かいました。

診察を受けると、肺炎の一歩手前だったと言われ、即入院をすることになりました。

小さい手に点滴の針が刺さっているのを見て、とても申し訳ない気持ちになったのは今でもはっきりと覚えています。

点滴と飲み薬での治療をし、酸素濃度と胸の音、熱、ミルクの飲み具合を見ながら、赤ちゃんの回復を待ちました。

生後2ヶ月という小ささから、用心して、4日の入院となりました。

退院後は経過も順調で、1週間もするとすっかり元気になりました。

生後3か月までの赤ちゃんはあまり高熱を出すことはないから、もしも熱が上がった時にはすぐに病院に行ったほうがいい、というのは3人目の子育てで初めて知りました。

鼻水や咳など、体調が悪くなりかけているサインがあれば、こまめに熱を計り、少しでも異変があれば、すぐに医療機関に相談し、受診することをお勧めします。

すぐ近くでお世話している親が、しっかり赤ちゃんの様子を観察して、元気に成長できるように見守ることの大事さを感じた出来事でした。 関連記事:予防接種したその夜に初めての発熱!? 夫婦ふたりで慌てず見守ることができた、2つの対策 by 眉屋まゆこ

f:id:akasuguope04:20161018132240j:plain

著者:かまは

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳

3児の母です。私の体験談がお役に立てると幸いです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

股関節形成不全って?我が子の楽ポジをみて思い当たった、妊娠後期の激しい圧迫の正体 by まきりえこ
初診で風邪と言われたのに再診でRSウイルス感染症が判明。これって医者の診断ミス?小児科医 森戸やすみ先生に聞く
生後2週間で風邪!? 上の子の保育園で流行っているRSウイルスをもらってしまった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。