ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

股関節形成不全って?我が子の楽ポジをみて思い当たった、妊娠後期の激しい圧迫の正体 by まきりえこ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
股関節形成不全って?我が子の楽ポジをみて思い当たった、妊娠後期の激しい圧迫の正体 by まきりえこ f:id:akasuguedi:20171030093003j:plain f:id:akasuguedi:20171030093014j:plain 前回エピソード:股関節形成不全の我が新生児さま。“基本いつも不機嫌”なのは、もしかして脚のせい? by まきりえこ

「後ろ腹」

あの時にはじめて聞いた言葉で、おもしろかったので書いてみましたが

後ろ腹だから赤ちゃんが股関節亜脱臼になるわけじゃないですからね。

きっと昔はエコーとかも無いから、

お腹が大きくならないことを心配する妊婦をこう言って励ましたんだと思います。

エコーがあって、妊婦健診があって、

産まれてからも医療に守られている私たちの子どもですが、

心配が尽きないのは同じですよね。

前回今回と、うちの子の股関節形成不全のお話になりました。

赤ちゃんって生まれたては脚のらくポジが「M」の形です。

それがなぜだか、生まれたてからアヤしかったわが子。

「なにがいけなかったんだろうか?」と、

私が迷走するお話が続きますがもう少々おつきあい下さい。

原因なんか突き止めたってしょうがない。

考えすぎたってしょうがない。

今なら笑ってそう言えますけどね~ 関連エピソード:「胎内記憶」を信じますか…?あの激しい胎動は、「階段遊び」だったと判明した話 by まきりえこ

f:id:akasuguedi:20160902190331j:plain

著者:まきりえこ

ゆると:2001年生まれ。お腹の中からダンスィだった。

イラストレーター。2008年、疲れ気味の男子育児からの現実逃避でスタートした子育てブログ「ちくわの穴から星☆を見た」がなぜか人気に。アメブロ子育てランキング1位、のち書籍化。書籍「小学生男子(ダンスィ)のトリセツ(低学年編・高学年編)」「園児《エンジィ)のトリセツ」にて、やらかし系おばか男子「ダンスィ」を描き、母親たちの熱い共感を得た。「ブログ:ちくわの穴から星✩を見た NEW」。イラストマンガ参加書籍「#アホ男子母死亡かるた」など。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

冬生まれの赤ちゃんは大変だ!生後2ヶ月で高熱が出て入院することに
初診で風邪と言われたのに再診でRSウイルス感染症が判明。これって医者の診断ミス?小児科医 森戸やすみ先生に聞く
生後2週間で風邪!? 上の子の保育園で流行っているRSウイルスをもらってしまった

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。