体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「覚えたいことを、覚えたいときに、覚えたいだけ」記憶するコツとは

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第11回目の今回は、「脳科学を活用し、記憶力を圧倒的に良くする方法」です。

f:id:fujimine:20171026131632j:plain

英単語が覚えられないのは、「脳の仕組み」を知らないことが原因です。脳科学を活用して、覚えたい単語が覚えたいだけ覚えられるボキャブラリー増強術をご紹介します。なお今回は「英語」に限らず「勉強」や「仕事」など全てに通ずるお話です。

あなたは素晴らしい潜在“脳”力を持つ「天才」

私がよくいただくご相談の1つが「英単語が覚えられない」というものです。中には「私は記憶力が良くない」などと思っている人もたくさんいることでしょう。

最初に、1つ断言させてください。あなたは天才です。あなたは天才的な脳を持っています。その脳を“うまく”使えば、天才的な記憶力を発揮することは誰にでもできるのです。

パソコンやスマホなどに例えると分かりやすいかもしれません。コンピュータを活用して、バリバリ仕事をしたり、素晴らしい成果物・作品などを生み出したりしている人たちがいます。また一方で、コンピュータに“使われ”ている人や、苦手なためにできるだけ避けて生活をしている人までいます。

この差がどこから生まれるかというと、コンピュータに「何ができるか」「どう動かせばよいか」を理解し、その通りに「動かしている」かどうか――。苦手だという人は、コンピュータがどのように動いているかもよく分からずに、ごく一部の機能を恐る恐る使っているだけだったりします。

実は、みなさんの脳の使い方にも全く同じことが言えるのです。「英単語が覚えられる」人や、「頭が良い」と言われる人は、脳に関して「何ができるか」「どう動かせばよいか」を理解し、その通りに「動かしている」だけなのです。逆に言えば、記憶力をうまく発揮できていない人は、本来どれだけたくさん覚えられるかを知らず、どうやったら覚えられるかも理解せず、脳をうまく動かすことができていないだけだと言えます。

みなさんの脳は、素晴らしい性能を持っています。脳が持つ記憶容量は、一説によると17.5テラバイト(tera=兆)あると計算できます。これは、新聞に置き換えると約52,000年分の朝刊ですし、DVDであれば約3,800本に匹敵します。それだけの記憶容量を持っているのですから、脳にとっては数百個~数千個の英単語なんてわずかなものです。覚えられないとしたら、脳の機能をうまく引き出せていないだけなのです。

覚えるために脳は努力を必要としない

f:id:fujimine:20171026131400j:plain

以下に、3桁の数字があります。

384

さて、目をつぶって、3秒間深呼吸をした後、目をつぶったまま、上の数字を口で言ってみてください。

いかがでしたか? 簡単にできますよね。

もう1つ、今度は12桁の数字で同じことをやってみましょうか。数字を見た後、目をつぶって、3秒間深呼吸をした後、目をつぶったまま、下の数字を口で言ってみてください。

281590374157

今度はおそらく、うまく思い出すことができなかったのではないでしょうか?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。