体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

A Barking Dog Never Bites、ミニアルバム『LIBOWTY』を掲げた全国ツアースタート

強靱な音を叩きつける圧巻のライヴパフォーマンスを魅力にラウドロック系ファンから高い支持を得ている、ツインヴォーカル・バンドのA Barking Dog Never Bites。アグレッシブな面が際立つ激しく重厚なサウンドながら歌心を魅力にしたエモーショナルなバンドのように、今、ジャンルという枠を超えボーダレスな支持を広げている。
11月4日@池袋Black Hole (okmusic UP's)

「ジャンルの壁を超える本当の意味を知らしめる!」という想いのもと、11月1日に提示した最新ミニアルバム『LIBOWTY』には、多様な音楽要素をミックスアップ。同作品を手に、A Barking Dog Never Bitesは、約2年半ぶりとなる全国ツアー『A Barking Dog Never Bites LIBOWTY TOUR』をスタートさせた。そのツアーの幕開けであり、ミニアルバム『LIBOWTY』のリリース記念を兼ねて行われたのが、『LIBOWTY release party ONEMAN SHOW』と題した11月4日(土)池袋Black Holeでのワンマン公演だった。この日のライヴでは、ミニアルバム『LIBOWTY』へ収録した楽曲を全曲余すところなく披露。初日はワンマン公演という理由もあり、『LIBOWTY』収録曲のブロックと既存曲たちを集めたブロックを組み合わせ、彼らの音楽性の変遷も巧みに提示していた。

「最初から踊り狂うぞ!!」の声を合図にライヴはスタート、ミニアルバム『LIBOWTY』でも冒頭を飾った「ReBowty」が勢いよく飛び出した。重く跳ねるダンスロックナンバーへ共鳴するよう2STEPを踏み踊りだす観客たち。サビで響いたWataru(Vo)のエモーショナルな歌声とRyo(Vo)の荒ぶるスクリーム。2人の歌声と重厚な演奏のバトルに刺激を受け、観客たちの高揚した気持ちも大きく膨らんでゆく。己の存在を証明するように、最初からA Barking Dog Never Bitesは熱した感情を叩きつけてきた。「まだまだ踊るぞ!!」、激しくグルーヴする演奏。容赦なく攻める『クラックティーンエイジャー』に触発され、フロアから突き上がる無数の拳は、「もっともっと」と熱を求めていた。その期待へ応えるようにA Barking Dog Never Bitesは、メッセージ性の強い『BeBelieve』を突きつけた。「自分の信じた道を何処までも信じながら一歩一歩進め」「何のために生きているんだ」「たった一つしかないこの心で」、Sow(Gu) Talow(Ba) Kizuki(Dr)の叩き出す止まることない轟音のジェットコースターのような演奏に激しい興奮を覚えながら、彼らのライヴに触れ「ここに居ることか生きている証だ」と感じていた。だからこそ、大勢の奴らがここへ集まったのだから。

「2年半ぶりのツアー。俺らの音楽で遊び倒してください。お前ら、2本足で帰れなくさせてやるからな。疲労困憊させてやるからな、イケんのか!!」(Ryo)

「Voice」を通し、フロアーに作り上げた巨大なサークルピット。その中央には、舞台から飛び降りたSowとTalowの姿も。Ryoの「遊ぼうぜ」の合図で一斉に駆け出す観客たち。緩急効かせた重厚な演奏が、身体を騒がせる。気持ちの高揚が収まらない。「踊ろうかー!!」、Ryoの声を合図に飛び出した「last train」でも、フロアを目一杯使い騒ぐ観客たち。「一つになれますか!!」、Wataruの呼びかけに天高く突き上がった無数の掌。感情がどんどん熱を帯びてゆく。気持ちのストッパーを壊すように突きつけた「Endrphin」に合わせ、観客たちの踊り狂う光景。ザクザクとした攻撃的な音を突きつけたSowのギターが高鳴った。そこへヘヴィでグルーヴィなビートを重ねてきたKizukiと Talow。激しく唸るダンスロックナンバー『Hello Mr.Geek』を通しフロアーに生まれた熱狂のボルテージ。彼らは煽ることをやめない。一度火が着いた感情をとことんまで燃え尽くさんばかりに煽り立ててゆく。激しく跳ねた『Blue Bird』でも、大勢の人たちが身体中から沸き上がる興奮を伝えようとステージへ向かって大きく手を伸ばしていた。

ふたたび、ミニアルバム『LIBOWTY』のブロックへ。「Everybody飛び跳ねろ!!」、軽快にソウルフルに走る「My Name is.」へ飛び乗り、心地好く踊り続ける観客たち。『Doubt』でもファンキーに唸るグルーヴへ身を預け、大勢の人たちが身体を揺さぶり続けていた。跳ねる演奏の上で起きたWataruの歌とRyoのグロウルとの挑発するような掛け合いに、腰が大きくシェイクしてゆく。KizukiのタイトなビートとTalowのスラップベースの掛け合い、そこへ絡むSowの圧の効いたギター。「Forget in a Moment」を刻みだすと同時に、演奏は一気に速度を上げ駆け出した。気持ちを熱く走らせる歌、大きく手を振らずにいれない衝動。「明日へ飛べる」、その言葉をつかもうと無数の手が舞台上へ向け差し出されていた。挑発するRyoのラップ。Wataruの歌も観客たちをけしかける。ヘヴィファンクな「Bring It On」へ身を預け、彼らと一緒に大きく手を振りテンションを上げ続けていたい。そして…。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会