ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KenKen×サンダーキャットが日米ベーシスト談義

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KenKen×サンダーキャットが日米ベーシスト談義
J-WAVEがいま注目するさまざまなトピックをお届けする日曜夜の番組「J-WAVE SELECTION」。11月5日(日)のオンエアでは、11月11日の「ベースの日」に先立ち、サンダーキャットさんとKenKenさん、ビリー・シーンさん(MR.BIG)とたなしんさん(グッドモーニングアメリカ)という、海外ベーシストと日本のベーシスト2組の対談とともに、ベースという楽器の魅力を伝える特別番組「BASS IS MY LIFE」(ナビゲーター:落合隼亮)をお届けしました。

まずは、RIZE、LIFE IS GROOVE、Dragon Ashなどのベーシストとして活躍中のKenKenさんと、LA出身のシンガーソングライター、そして天才ベーシストでもあるサンダーキャットさんとの対談から。

KenKenさんが「すごくアカデミックだけどストリートを感じる、タダのジャズの人ではない!」と評するサンダーキャットさんのベース。本人は「考え方も変わるタイプ。自分が一体何をやっていきたいのかもよくわかっていない」と話していましたが、KenKenさんも「だから、毎回新鮮な気持ちで新しい作品に出会えてるのかも」と分析していました。

サンダーキャット:どれだけ楽器と過ごして、そこからインスピレーションを得てどうかたちになっていくか、それが作品になっていくんだ。
KenKen:僕もバンドでは、70%は練習して、残り30%はその場で決めるから、言ってることは良く分かるよ。
サンダーキャット:レコーディングもライブもファーストインプレッションが大事だよね。
KenKen:だからテクニックよりも、性格のいいヤツとバンドをやってることが多いですね(笑)。
サンダーキャット:僕のアルバムのタイトル「Drunk」のように、まさに飲みながら未来を切り開くんだよ(笑)。

「ベースってやれることは限られているように思えるけど、万能で。作曲でハンデがあるように見えるけど、ベースを中心に考えると何でも可能だし、革新的な要素はないようにも思われるけど、ファンクだったりジャズだったりベースが根幹で生まれている音楽も多い」(サンダーキャットさん)、「ベースはピアノくらいいろいろなことができる楽器」(KenKenさん)と、ベースという楽器について熱く語っていた2人。まだまだベースの可能性が広がることを感じさせる対談でした。

さらにオンエア後半は、ビリー・シーンさんとたなしんさんの対談の模様をお届けしました。

たなしんさんの「ベースの魅力を広めるためにどのようなことをすればいいですか?」という質問に、ビリー・シーンさんは「安いベースを買って、好きなレコードと一緒に弾いてごらん。とにかく『ベース買って弾こうよ』と伝えるのが大事。ベースは入り口としてはすごくいい楽器で、ポップスの曲とかAC/DCの曲なんかはそんなに難しくない。でも極めようとすると非常に先の長い楽器。だから音楽の入り口としてベースを始めることをオススメしたい」と話してくれました。

今年で3年目を迎える「ベースの日」。11月11日当日には赤坂ブリッツで、ベースが主役のスペシャルライブも開催されますが、チケットはすでに完売! 参加できる幸運な方はぜひ楽しんでくださいね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BASS IS MY LIFE」
放送日時:10月22日22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。