ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

救命現場で働く人に! 高品質な心肺蘇生法を学習できるアプリ「Little Anne」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
呼吸や心臓が停止している救急患者に対して行う心肺蘇生法。別名CPR(cardiopulmonary resuscitation)と呼ばれ、緊急時や救命の場で、大いに活用されている。

このCPRの質をさらに高めた手法が、QCPR(品質心肺蘇生法)。測定、評価、フィードバックを的確に行うことで、生存率を高められるようになるという。

・QCPRのトレーニングをサポート

「Little Anne」は、QCPRのトレーニングをサポートするアプリ。タブレットやスマートフォンと接続して、確実な測定とフィードバックを提供し、訓練の向上に貢献する。

従来のCPR訓練における課題は、インストラクターによる正確かつ客観的なフィードバック。トレーニングでスキルを取得することは可能だが、パフォーマンスの改善は難しいと言われてきた。そこを補うのが、「Little Anne」。専用アプリが、トレーニング結果のフィードバックを、的確に通知してくれる。

・最大6人の訓練生をモニタリング

インストラクターにも、大きなメリットがある。最大6人の訓練生を同時にモニターできるからだ。さらにこのアプリは、どの生徒にガイダンスが必要かを提示する、パフォーマンスサマリー機能も備えている。例えば、心臓マッサージの練習。

肉眼では、誰が正確に圧縮しているのかを、見分けるのは困難だ。そこで頼りになるのが、アプリ。正確な圧縮率を表示しつつ、間違ったやり方をしている生徒を見極めることができる。フィードバックとともに、スコアリング機能によって、個々の点数をつけることも可能。お互いに競争意識を芽生えさせるだけではなく、自己ベスト更新のモチベーションにもつながる。

学習アプリは、iOSとAndroid双方に対応。サービス自体は、キットとして販売されており、訓練用のマネキン、トレーニングジャケットなど計6点セットで、239ドル(約2万7000円)から購入できる。

Little Anne

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。