体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座限定!完全予約制!フランス人間国宝が創る世界初の新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】

フランスジュラ地方の老舗ショコラティエ「イルサンジェー」が10月30日に「イルサンジェー銀座ブティック サロン・ミュージアム」をオープン。

完全予約制で楽しめるカフェサロンにて提供する人間国宝が創る世界初の新チョコレートパフェ【アルボワに降るパウダースノウ】を、11月3日(金)から販売中。

老舗ショコラティエ「イルサンジェー」とは?

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
イルサンジェーアルボワ本店

スイスとの国境にほど近い、フランス東部のジュラ地方の山間にある小さな町、アルボワ。人口3500人程の小さなこの町に、117年にわたり4代直系でショコラトリーを営む老舗「イルサンジェー」があります。

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
歴代当主達

歴代の当主のみが、一子相伝のショコラのレシピを受け継ぎ、手作業でショコラを作り続けることで有名なお店です。

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
エドワール自ら全てのショコラを創る

現当主の4代目エドワール・イルサンジェーは、フランスの人間国宝に値するMOF(国家最優秀職人章)を受章した、ショコラティエ界の重鎮。昔ながらの手作業で創られるショコラは、1粒に3日間以上製造にかかるため、販売されるショコラの数量はごくわずか。そのため店舗は世界でもアルボワ本店と、10月30日(月)に銀座に新たにオープンしたばかりの銀座ブティック2店舗のみなのです。

完全予約制のサロンで銀座限定のメニューを

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
赤と黒で統一された店内

新しくなった「イルサンジェー銀座ブティック サロン・ミュージアム」は2フロアとなっていて、1階はフリー来店で好きな時にショコラが購入できる、ショコラブティック。地下1階は個室で区切られた、完全予約制のサロンとなっています。

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
貸し切りで使えるサロンフロア

サロンでは、エドワール・イルサンジェーが銀座ブティックのためだけに考案した、チョコレートデザートやワインなどのドリンク、ショコラの食べ比べなどが楽しめます。

個室で1時間半の予約制となっているので、パートナーや友人たちとゆっくり過ごせますね。

さて、気になる特製チョコレートパフェについてもご紹介!

特製チョコレートパフェ【アルボワに降るパウダースノウ】が新登場

新しい銀座ブティックのオープンにあたり、フランス人間国宝のエドワール・イルサンジェーが開発したのは、なんと濃厚なチョコレートパフェ。

フランスの老舗ショコラティエが創る、新チョコレートパフェ【イルサンジェー銀座】
雪化粧のアルボワの町

冬のある日、エドワールがショコラに使う素材を山に採りに行った帰り、雪がちらつき始めたそうです。その時ふとアルボワの町を見下ろすと、見慣れた町が美しい雪化粧をしはじめていました。

その時に見たパウダースノウのイメージを、今回の新作ではチョコレートで再現。イルサンジェーのタブレット(板チョコレート)を、お客様の目の前で削って振りかけるメニューとなりました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。