体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小野正利、25周年アルバム『VS』のトラックリストを公開!

日本が世界に誇る超絶クリアーハイトーンボーカル、小野正利。1992年にデビューし、「You’re the Only…」のミリオンヒットで知られる彼が2017年でデビュー25周年を迎え、その25周年盤として12月13日にリリースするアルバム『VS』のトラックリストを公開した。
小野正利 (okmusic UP's)

2009年にJ-METALのトップランナーGALNERYUSに加入し、J-METALのボーカリストとしても最高峰の人気を誇る小野正利は、大人気アニメ『HUNTER×HUNTER』や『ドラゴンボール改 魔人ブウ編 海外版』の主題歌を担当してJ-Animatitonも含めた多ジャンルで活躍するハイトーン日本代表。アルバム『VS』には、世代を超えて愛されるスタンダードなナンバーのカバーを収録する。同作は“カバーアルバムでない VSアルバムだ!”というキャッチのとおり、世界の歌姫やレジェンドが歌唱した名曲中の名曲にハイトーン日本代表として真っ向勝負を仕掛けた意欲作だ。ぜひ原曲と聴き比べてみてほしい。
【トラックリスト/カバー曲解説】 ※ 曲名/オリジナル歌唱アーティスト

■DISC1:「VS DIVA DISC」

M1.HERO/Mariah Carey

1993年に発売されたマライア・キャリーの3枚目のスタジオアルバム『Music Box(ミュージック・ボックス)』は全米チャート2位で初登場し、通算8週1位、トップ20には40週、トップ200には128週(約2年半)も残るというロングヒットを記録した。全世界で3,200万枚を売り上げた。当アルバムに収録された代表曲「HERO」は93年から94年にかけて、4週連続1位を獲得した。

M2.My Heart Will Go On/CELINE DION

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(英: My Heart Will Go On=私の心は生き続ける)は1997年の映画『タイタニック』の主題歌。アカデミー歌曲賞を受賞。元々は1997年のセリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』でリリースされ、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界各地でナンバーワンを記録。

M3.It Must Have Been Love/Roxette

スウェーデン・ハルムスタッド出身のバンドで、ギターとヴォーカル担当のペール・ゲッスルとヴォーカル担当のマリー・フレデリクソンからなる男女デュオ。当該曲は映画『プリティ・ウーマン』挿入曲の「愛のぬくもり」(”It Must Have Been Love”)として映画のサウンドトラックに収録された。ロクセットにとって3曲目の全米No.1ソング。年間チャートでも2位を記録。

M4.A Thousand Miles/Vanessa Carlton

アメリカ合衆国ペンシルベニア州ミルフォード出身のピアニスト、シンガーソングライター、ヴァネッサ・カールトンのデビューシングル。2002年にアルバム『Be Not Nobody』でデビュー。Billboard 200アルバムチャートで5位を記録し、アルバムからの最初のシングル「A Thousand Miles」もBillboard Hot 100で最高5位を記録するヒットとなった。「A Thousand Miles」はオーストラリアで1位、イギリスで6位、その他ヨーロッパ各国でトップ10入りした。

M5. Swing Out Sister/Now You’re Not Here

イギリスのクロスオーバー、ポップ系男女デュオ。日本のテレビドラマ『真昼の月』の主題歌用に書き下ろした「Now You’re Not Here」(邦題:あなたにいてほしい)が、ドラマとともに大ヒットし、日本でのみ発売された同シングルは30万枚を越える洋楽売り上げ1位を記録し、1997年第11回日本ゴールドディスク大賞洋楽部門のグランプリ・シングル賞を受賞。オリコン洋楽シングルチャートでは1996年8月19日付から11週連続1位を獲得したヒット曲となった。

6.My Immortal/Evanescence

アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のロックバンド。エイミー・リーとベン・ムーディーを中心に結成されたエヴァネッセンス(Evanescence)の2003年のデビューアルバム「Fallen」に収録された楽曲。

M7.Let Me Let Go/Faith Hill

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会