ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小野正利、25周年アルバム『VS』のトラックリストを公開!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本が世界に誇る超絶クリアーハイトーンボーカル、小野正利。1992年にデビューし、「You’re the Only…」のミリオンヒットで知られる彼が2017年でデビュー25周年を迎え、その25周年盤として12月13日にリリースするアルバム『VS』のトラックリストを公開した。
小野正利 (okmusic UP's)

2009年にJ-METALのトップランナーGALNERYUSに加入し、J-METALのボーカリストとしても最高峰の人気を誇る小野正利は、大人気アニメ『HUNTER×HUNTER』や『ドラゴンボール改 魔人ブウ編 海外版』の主題歌を担当してJ-Animatitonも含めた多ジャンルで活躍するハイトーン日本代表。アルバム『VS』には、世代を超えて愛されるスタンダードなナンバーのカバーを収録する。同作は“カバーアルバムでない VSアルバムだ!”というキャッチのとおり、世界の歌姫やレジェンドが歌唱した名曲中の名曲にハイトーン日本代表として真っ向勝負を仕掛けた意欲作だ。ぜひ原曲と聴き比べてみてほしい。
【トラックリスト/カバー曲解説】 ※ 曲名/オリジナル歌唱アーティスト

■DISC1:「VS DIVA DISC」

M1.HERO/Mariah Carey

1993年に発売されたマライア・キャリーの3枚目のスタジオアルバム『Music Box(ミュージック・ボックス)』は全米チャート2位で初登場し、通算8週1位、トップ20には40週、トップ200には128週(約2年半)も残るというロングヒットを記録した。全世界で3,200万枚を売り上げた。当アルバムに収録された代表曲「HERO」は93年から94年にかけて、4週連続1位を獲得した。

M2.My Heart Will Go On/CELINE DION

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(英: My Heart Will Go On=私の心は生き続ける)は1997年の映画『タイタニック』の主題歌。アカデミー歌曲賞を受賞。元々は1997年のセリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』でリリースされ、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界各地でナンバーワンを記録。

M3.It Must Have Been Love/Roxette

スウェーデン・ハルムスタッド出身のバンドで、ギターとヴォーカル担当のペール・ゲッスルとヴォーカル担当のマリー・フレデリクソンからなる男女デュオ。当該曲は映画『プリティ・ウーマン』挿入曲の「愛のぬくもり」(”It Must Have Been Love”)として映画のサウンドトラックに収録された。ロクセットにとって3曲目の全米No.1ソング。年間チャートでも2位を記録。

M4.A Thousand Miles/Vanessa Carlton

アメリカ合衆国ペンシルベニア州ミルフォード出身のピアニスト、シンガーソングライター、ヴァネッサ・カールトンのデビューシングル。2002年にアルバム『Be Not Nobody』でデビュー。Billboard 200アルバムチャートで5位を記録し、アルバムからの最初のシングル「A Thousand Miles」もBillboard Hot 100で最高5位を記録するヒットとなった。「A Thousand Miles」はオーストラリアで1位、イギリスで6位、その他ヨーロッパ各国でトップ10入りした。

M5. Swing Out Sister/Now You’re Not Here

イギリスのクロスオーバー、ポップ系男女デュオ。日本のテレビドラマ『真昼の月』の主題歌用に書き下ろした「Now You’re Not Here」(邦題:あなたにいてほしい)が、ドラマとともに大ヒットし、日本でのみ発売された同シングルは30万枚を越える洋楽売り上げ1位を記録し、1997年第11回日本ゴールドディスク大賞洋楽部門のグランプリ・シングル賞を受賞。オリコン洋楽シングルチャートでは1996年8月19日付から11週連続1位を獲得したヒット曲となった。

6.My Immortal/Evanescence

アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のロックバンド。エイミー・リーとベン・ムーディーを中心に結成されたエヴァネッセンス(Evanescence)の2003年のデビューアルバム「Fallen」に収録された楽曲。

M7.Let Me Let Go/Faith Hill

アメリカの女性カントリー歌手フェイス・ヒルの1998年にリリースされ全世界で1000万枚以上のセールスを記録したヒットアルバム「Faith」の代表曲の一つ。

M8.A Question of Honour/Sarah Brightman

「クエスチョン・オブ・オナー」(A Question of Honour)は、音楽の新ジャンル”クラシカル・クロスオーヴァー”を開拓しその女王として活躍するサラ・ブライトマンの楽曲。1995年発売のアルバム『Fly』に収録され、同年シングルカットされた。本曲では「あなたが勝とうが負けようが、それは名誉の問題」と歌われており、勝敗より名誉を重んじる伝統的な「騎士道精神」を踏襲した歌詞になっている。日本でも極めて人気が高く、テレビ朝日系サッカー放送で使用されている「クエスチョン・オブ・オナー」(2000~現在)等、サラ・ブライトマンの楽曲はたびたびTV番組やTVCMに起用されている。

■DISC2:「VS LEGEND DISC」

M1.Any Way You Want It/Journey

邦題「お気に召すまま」は、ジャーニーの代表曲で、1980年にシングル及びアルバム『ディパーチャー』の収録曲として発売された。発売以来この曲は数多くの映画やテレビ番組、CMで使用されている。現在、日本テレビの「スッキリ」のオープニング・テーマとしても使用されている。

M2. Livin’ on a Prayer/Bon Jovi

全世界で2800万枚アルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(1986年)からの第2弾シングルとしてリリースされたボン・ジョヴィの代表曲。

M3.Danger Zone/KENNY LOGGINS

アメリカのミュージシャン、ケニー・ロギンスの代表曲。1986年には映画『トップガン』の主題歌「デンジャー・ゾーン」が全米第2位の大ヒットとなり、映画とともに世界中でヒットを記録した。「デンジャー・ゾーン」は、日本では1989年に「日産・マーチスーパーターボ」のCM曲として、1997年にはトヨタ・カルディナのCM曲、さらには2010年にスバル・トレジアのCM曲としても採用された。

M4.We’re All Alone/Boz Scaggs

ボズ・スキャッグスのスタジオ・アルバム『シルク・ディグリーズ』の収録曲、及びリカット・シングル。当初は「リド・シャッフル」のB面曲という扱いであったが、多くのアーティストによってカバーされ、なかでも1997年のリタ・クーリッジのカバーのヒットによって再評価されることとなり、現在では代表曲のひとつになっている。

M5.Against All Odds (Take A Look at Me Now)/Phil Collins

イギリス人歌手、フィル・コリンズ(Phil Collins)が1984年2月にリリースした楽曲、およびそれを収録したシングル。ビルボード(Billboard)誌の集計では、フィル・コリンズ最大のヒット曲となった。邦題は「見つめてほしい」。1970年に、プログレッシブ・ロック・バンドであるジェネシスに、ドラマーとして加入。ピーター・ガブリエル脱退後は、彼に代わってヴォーカリストも務め、「ターン・イット・オン・アゲイン(君のTVショウ)」「アバカブ」「インヴィジブル・タッチ」などの数々のヒット曲を生み出した。

M6.Your Song/Elton John

「Your Song(邦題:僕の歌は君の歌)」は、イギリスのミュージシャンであるエルトン・ジョンの楽曲。1970年4月10日発売のアルバム『僕の歌は君の歌』に収録されフォークとジャズの融合したエルトン・ジョンの最初のポップ・ヒット。

M7.Never Gonna Give You Up/Rick Astley

イギリスのシンガーソングライター、リック・アストリーの1987年の世界的大ヒット曲。日本でもバブル景気真っ只中のディスコブームに乗り大ヒットとなり、数回に渡り来日しテレビ出演やライブを行ったほか、三ツ矢サイダーのテレビCMにも出演し当時の国民的知名度を獲得した。

M8.Dreams/Van Halen

アメリカ合衆国出身のハードロック・バンドVan Halen、1986年リリースでボーカルにサミー・ヘイガ-が加入しヴァン・ヘイレン初の全米1位を3週連続で獲得した代表作「5150」の代表曲の一つ。

<ボーナストラック>

M9.Never say good-bye(新曲)

M10.departure!(VS Edition)

M11.You’re the Only… (25th Anniversary Version)

※M9 は新曲。M10,11はリメイク
アルバム『VS』
2017年12月13日発売

WPCL-12180/11/¥3,300(税抜)

<収録曲>

■DISC1:「VS DIVA DISC」

1.Hero/Mariah Carey

2.My Heart Will Go On/CELINE DION

3.It Must Have Been LovevRoxette

4.A Thousand Miles/Vanessa Carlton

5.Now You‘re Not Here/Swing Out Sister

6.My Immortal/Evanescence

7.Let Me Let Go/Faith Hill

8.A Question of Honour/Sarah Brightman

■DISC2:「VS LEGEND DISC」

1.Any Way You Want It/Journey

2.Livin‘ On A Prayer/Bon Jovi

3.Danger zone/KENNY LOGGINS

4.We’re all alonevBoz Scaggs

5.Against All Odds/Phil Collins

6.Your Song/Elton John

7.Never Gonna Give You Up/Rick Astley

8.Dreams/Van Halen

<BONUS TRACK>

9.Never say good-bye

10.departure!(VS Edition)

11.You’re the Only… (25th Anniversary Version)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。