ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カイゴの新たな挑戦がたくさん詰まった最新アルバム『キッズ・イン・ラヴ』(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カイゴの新たな挑戦がたくさん詰まった最新アルバム『キッズ・イン・ラヴ』(Album Review)

 ジャスティン・ビーバーの「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン」ドレイクの「ワン・ダンス」など、2015年頃から大ブームを巻き起こした“トロピカル・ハウス”の第一人者、カイゴ。DJ業やプロデュースのみならず、母国ノルウェーでNo.1を獲得した「ファイアーストーンfeat.コンラッド・スーウェル」や「ストール・ザ・ショウfeat.パーソン・ジェームズ」など、自身の楽曲もヒットさせ、今年2月にはセレーナ・ゴメスとデュエットした「イッツ・エイント・ミー」が、全米ソング・チャートで初のTOP10入りを果たしたのも記憶に新しい。

 その「イッツ・エイント・ミー」や、ヒット曲「ファースト・タイムfeat.エリー・ゴールディング」含む5曲入りEP盤『スターゲイジング』を9月22日にリリースしたばかりだが、間髪入れず2作目のスタジオ・アルバム『キッズ・イン・ラヴ』を11月3日に急遽発表。尚、3日にリリースされたのは配信アルバムで、正式なアルバム・リリースは11月15日となる。

 本作からは、米マサチューセッツ州のポップユニット、ザ・ナイト・ゲームをフォーチャーしたタイトル曲が、先行シングルとして10月にリリースされた。カイゴらしい、キラキラしたエレクトロ・ポップではあるが、トロピカル・ハウス的要素は大分薄まっている。近年のコールドプレイあたりに近い感じか。

 オープニングの「ネバー・レット・ユー・ゴー」でボーカルを担当したのは、カルヴィン・ハリスの「ブレイム」にフィーチャリング・ゲストとして参加し大注目された英国の人気シンガー、ジョン・ニューマン。「ブレイム」以上に力強く歌うジョン・ニューマンのボーカルが、ライトな曲調をヘヴィに仕上げている。続く「サンライズ」には、ニュージーランドのシンガー・ソングライター、ジェイソン・ウォーカーがフィーチャーされている。この曲も「ネバー・レット・ユー・ゴー」同様、ジェイソン・ウォーカーの突き抜けるようなボーカルが曲の良さを際立てた、男気溢れるダンス・トラックだ。

 3曲目の「ライディング・ショットガン」は、カイゴの本領ともいえるトロピカル・ハウス調のナンバー。ゲストのボニー・マッキーは、米ワシントン州出身の女性シンガー・ソングライターで、自身の楽曲よりもケイティ・ペリーの「カリフォルニア・ガールズ」や「ロアー」、ブリトニー・スピアーズの「ホールド・イット・アゲインスト・ミー」などの全米No.1ソングを手掛けたことで注目された人物。彼女とのコラボらしい、キュートなエレポップに癒される。

 ワンリパブリックがフィーチャリング・ゲストの「ストレンジャー・シングス」や、アフロジャックやマシュメロとのコラボで注目された、ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、レイベル参加の「ウィズ・ユー」など、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」を意識したような、哀愁系エレポップ・チューンもすばらしい出来栄え。アヴィーチーの「ユー・ビー・ラブ」でユニークな歌声を披露した、ビリー・ラフォールとのコラボ「アイ・シー・ユー」は、単にエレクトロ・ミュージックでは表せない様々なジャンルが入り混じっている。脱トロピカル・ハウス…とまでは言えないが、本作にはこれまでになかった、カイゴの新たな挑戦がたくさん詰まっている。

 11月15日にリリースされる国内盤には、ボーナス・トラックも収録される予定。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『キッズ・イン・ラヴ』
カイゴ
2017/11/3 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

カイゴのドキュメンタリーがApple Musicで独占配信、ボノやマーティン・ギャリックスも登場
どこか懐かしく新しい……過去の恋人を歌った、カイゴ&セレーナ・ゴメス「イット・エイント・ミー」(Song Review)
カイゴ、セレーナ・ゴメスとのコラボ曲をリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。