ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

マイ海鮮丼づくりや鰹のタタキづくりも♪おすすめの体験型グルメ3選【関西・四国】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
福良マルシェ

食欲の秋真っ只中!これから冬にかけて旬を迎える海鮮を、ランチでお気軽に楽しみませんか?

今回は、ただ食べるだけではなく、好きな魚を自分で盛り付けるオリジナル丼づくりや、迫力あるマグロの解体ショー、豪快な戻り鰹の藁焼き体験など、ライブ感たっぷりの体験型グルメをご紹介!エンタメ感あふれる調理法にも、口の中に広がる海の幸の旨みにも笑顔あふれること間違いなし!

この秋は海幸ランチで楽しい・美味しい思い出をつくりましょう♪

記事配信:じゃらんニュース

1. 黒潮市場【和歌山県和歌山市】

丸々と肥えたマグロのさばきたてをその場で!

黒潮市場マグロは那智勝浦や串本産のほか、日本各地から集まる。10~11月は本マグロやメバチ、キハダなどビッグサイズの大トロ握りビッグサイズの大トロ握り。脂のりが抜群で口の中でふわっととろける!3カン1000円とお値打ち価格でマグロ三昧丼マグロ三昧丼は、大トロ、中トロ、赤身、ネギトロのマグロのすべてが楽しめるスペシャルバージョン♪艶々した中トロがご飯を覆い尽くす贅沢丼艶々した中トロがご飯を覆い尽くす贅沢丼!さばきたての身は、ほどよく脂がのり、絶品の味わい

和歌山県産のマグロを中心に毎日解体ショーを実施。さばくだけではなく、部位の説明があるのが嬉しい。すぐ握りやブロックにして販売してくれるので、さっそくパクリ♪稀少な頬肉や頭肉、尾の身などの販売も。

体験型グルメDATA

マグロの解体ショー

見学無料、11時・12時30分・15時

大トロ握り3カン1000円、中トロ丼2000円、マグロ三昧丼2000円マグロの生態を紹介するパネルマグロの生態を紹介するパネルで勉強した後は、背比べも!?自分よりも大きい姿にびっくり 黒潮市場

TEL/073-448-0008

住所/和歌山市毛見1527

営業時間/10時~18時(LO17時30分)※バーベキュー食材は17時販売終了

定休日/不定(秋季はなし)

アクセス/電車:JR海南駅より車で10分

車:阪和道海南ICより10分

駐車場/3500台(1日1000円)

「黒潮市場」の詳細はこちら

福良マルシェ【兵庫県南あわじ市】

好きな旬魚を盛り付けてオリジナルの海鮮丼を

福良マルシェ盛り付けは自由。姿造りなどを豪快にのせるのも面白い。醤油やわさびは無料で用意福良マルシェ店で陳列している刺身から好きなものを選んで購入福良マルシェ酢飯か白ご飯をチョイスして、さっそく盛り付けへ

淡路島の農産物や海鮮物、加工品などの商品を取り扱う直売所では、セルフ海鮮丼が好評。新鮮な地魚の刺身盛りを購入し、飲食スペースで買ったご飯にトッピング。10~11月はサワラやカマス、鯛が旬!

体験型グルメDATA

セルフ海鮮丼

酢飯240円、白ご飯220円、刺身

3点盛り380円ほか 福良マルシェ

TEL/0799-52-1244

住所/南あわじ市福良甲1530-2

営業時間/10時~18時(土日祝9時30分~18時)

定休日/なし

アクセス/神戸淡路鳴門道西淡三原IC、または淡路島南ICより各15分

駐車場/100台

「福良マルシェ」の詳細はこちら

黒潮工房【高知県中土佐町】

高知県産の戻り鰹を自分の手で藁焼きに!

黒潮工房高温で鰹の表面だけに火を入れるため、外はパリッと中は柔らか 黒潮工房黒潮工房にんにくやネギなどをたっぷりと 黒潮工房

太平洋を眺めながら名物の鰹の藁焼き体験に挑戦できる。鰹は身のすれていない一本釣りのもので、さらに10月は脂のり抜群の戻り鰹を使用。焼きたては芳ばしい藁の香りと柔らかい食感が堪らない!

体験型グルメDATA

鰹のタタキづくり体験(4~10月限定)※2日前迄に要予約

初級コース(節取りを焼いてパックつめまで)鰹料金(時価)+800円

中級コース(丸ごと一匹さばきからパックつめまで)

鰹料金(時価)+1500円

※高知県産の鰹の入荷がない場合は県外産を使用 黒潮工房

TEL/0889-40-1160

住所/高岡郡中土佐町久礼8009-11

営業時間/8時~15時(LO14時30分)

定休日/第2木(祝日の場合は変更あり、8月はなし)

アクセス/電車:JR土佐久礼駅よりタクシーで5分

車:高知道中土佐ICより8分

駐車場/80台

「黒潮工房」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【入場無料】熊本で行くべきロングスライダーのある公園ベスト5
一度は行きたい伊勢神宮。見どころ&伊勢参りゆかりの地まとめ【三重】
【2017年秋冬】東北のおすすめ観光スポット21選!絶景露天にイルミイベントも

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。