ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

池澤あやか、セレスCTOのレジュメ添削を受けて、実力がちゃんと評価されるコツを学ぶ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ITエンジニア向けの年収確約スカウト転職サービス「moffers」

レジュメに登録されたスキルや経験プロジェクトに対して年収確約スカウトを届けることで、優秀なIT人材がより高評価を受け、本来の能力を発揮することを目指した転職支援サービス「moffers(モファーズ)」。

現年収ではなく、希望年収に対して企業は確約された年収でスカウトしますが、「moffers」上で提示した提示年収の90%を下回ることはありません。

データサイエンス、IoT、自動運転、AIなど、先端技術領域で抜きんでた実績を示しながら、企業内の給与テーブルの枠に縛られ、実力に合った給与を得ていないエンジニアは少なくないはず。こうした高度IT人材にとっては、自分の価値を正しく見抜いてくれる企業との出会いが提供されることになるのです。

一方、企業にとっては、一般的な転職市場ではなかなか表面化しない高度人材とのマッチング精度を高めることにつながります。

池澤あやか、なぜCodeIQが年収確約スカウト「moffers」を打ち出したのか聞いてきました!

エンジニア採用の現場視点から見た効果的なレジュメの書き方とは?

実力を示す上で重要な役割を果たすのは、やはりレジュメ。単なる職務経歴の羅列では訴えきれないスキルや、経験プロジェクトのアピールポイントを打ち出す必要があります。

「moffers」のレジュメには、使用言語や開発スタイル、自分のポジションなどを選択する欄も設けられていますが、やはりエンジニアとしてプロジェクトでどのような役割を担ったか、課題解決やプロダクトの品質向上につながった活躍なども、きちんと伝えることが必要です。

ただ、自身のスキルやプロジェクト経験をレジュメで表現するのは、そんなに簡単ではありません。

そこで今回は、インターネットマーケティングの領域で躍進著しいセレスCTOの高岸博史氏にご協力をいただき、エンジニア採用の現場視点から見た「moffers」レジュメの効果的な書き方を指南していただきました。

レジュメ指南をしていただいた株式会社セレス 取締役システム本部長 高岸博史さん

数字にこだわるエンジニア。希望年収を提示することの意味


応募者側が、現年収を示さないまま希望年収を提示する「moffers」のサービスの特色について、どう思いますか?


現在の年収表示があるとそれは採用企業にとって一種の“保険”にはなると思います。それがないと判断材料が一つ減ることにはなるのですが、逆のメリットもあります。

例えば、一般的には企業の給与テーブルは年次や役職で決まることが多いので、そのテーブルに載らないぐらいの高いスキルやキャリアを持つ人がそれに見合う給料をもらっていなかった可能性もあります。

希望年収の提示はそういう人たちが転職マーケットで存在感を発揮するチャンスにもつながると思います。

希望年収が提示されていると、採用企業はその額とその人のスキルを比較検討したくなり、レジュメのオモテウラをより深読みしようという気にはなります。採用側に納得感を抱かせるように、あるいは詳しい話を会って聞いてみようという興味を歓喜させるように、レジュメの表現を洗練させることが欠かせません。


もちろん、エンジニアの年収を決定するにあたっては、現在時点での技術評価だけでなく、将来の伸びしろを勘案しての期待評価も含まれますよね?


伸びしろを判断するための材料としては、技術力などの個人の実力だけではなく、自分が組織においてどういう役割を果たしてきたのか、その技術がビジネスにどういう影響や貢献をしてきたのか、さまざまな失敗をどう乗り越えてきたかなどの逸話がとても重要です。

特に失敗経験はぜひレジュメに書き込んでほしいですね。たとえ最終的には失敗したとしても、そこで諦めずにどういうアクションを取ったかで、私たちはその人の成長可能性を窺い知ることができるからです。


その一方で、技術がビジネスにどう影響を与えたかという話は、エンジニアがわりと不得手とするところのような気がします。


たしかに、自分またはチームの実装によって、プロダクトがどれだけ儲かったかという話を定量的に記すことは難しいでしょう。

しかし、例えばバックエンドの技術者だったら、サービスへのアクセス数が急激に増えたが、具体的にどういう対策を講じたら、負荷が何分の1になったなどは数字で表現できると思います。

数字はウソをつけないし、数字があったほうが、エンジニアらしいレジュメになると思います。

自走できるエンジニアは年収も高い!?レジュメ評価のポイント


高岸さんに教えてもらったレジュメ添削のポイントを箇条書き的にまとめてみました。
プロジェクトの規模感、そこでの自分の役割は必須。リード・プログラマだったのか、顧客とのリレーションが中心だったのかでは印象は大きく異なる。
プロジェクトでどういう技術を採用し、どういう工程でプロジェクトを進めたのかも重要な要素。

プロジェクトにはどういう課題があり、それをどう解決したのかというストーリーも簡潔に記すべき。

失敗した経験も書いた方がいい。失敗を避けるために何かしら対策をしたはず。そこではどんな技術力が発揮されたかを中心に。

「moffers」のサービス内容を前提にする限り、希望年収は自信をもって記した方がいい。その方がその人のスキルが見やすくなる。


エンジニアからのレジュメを拝見するとき、私が総じて最も重視しているのは、“この人は自走できるエンジニアかどうか”という点なんです。この人を採用したら、どれだけ自分で動いてくれるのかということですね。新卒ではなく、中途採用の場合は特にそうです。

入社後のキャリアの積み上げは当然想定するのですが、私たちは教育コストについても考えざるを得ない。技術力が同程度であったら、できるだけ教育コストの低い人を採用する。そのコストをその人の年収に振り向けることもできるわけですから。


採用担当者は転職してきた人を社内にどう位置付けるかを真っ先に考える。そのために前の会社でどんなことをしていたのかを知りたいのは当然。採用担当者のイメージを喚起させる、より確かで豊かな言葉がレジュメには求められているのですね。

池澤あやか、「moffers」にレジュメを登録してみました!


高岸さんのアドバイスをもとに、私も「moffers」にレジュメを登録してみました!アドバイスお願いします~!

■プロジェクトA Webサイト制作

■開発時期:2017年頃(半年以内)

■担当工程

・要件定義
・設計(基本・詳細)
・実装・コーディング
・構築(インフラ)

■役割

・フロントエンド
・バックエンド
・インフラ(NW・サーバ)
・テックリード
・プログラマ
・システムエンジニア

■使用技術

・Docker
・Docker Compose
・WordPress
・PHP7
・mecab
・JavaScript
・jQuery

本案件において、サーバー構築、バックエンド、JavaScriptを用いた演出部分のフロントエンドのプログラムを担当した。

上記の部分において、技術選択の決定権があったため、クライアントから「技術的な挑戦をしてほしい」と言われていたこともあり、新しい技術を積極的に取り入れることにした。具体的には、Docker Composeを用いてのWordPress運用、pixi.jsでの2Dグラフィック描画、トップ画面のタイピング演出などを行った。

Docker Composeを採用したことで、エンジニア同士の環境シェアを円滑に進めることができた。

また、トップ画面のタイピング演出では、WordPressに入力された文章をmecabを用いて形態素解析を行い、文章から各ワードの「漢字」「ひらがな」「ローマ字」を生成したものを、REST API化し、フロントエンド上で自然なタイピングの演出を実現することができた。

ITテクノロジーの情報発信を行うタレントとしても、トレンドとなっている技術を業務ベースで実用できたことは非常に有益な体験となったと感じている。

※moffersに登録したレジュメと同じ内容を高岸さんに見てもらいました。


構築(インフラ)という工程も担当されたみたいなので、もう少し触れても良いと思いました。

池澤さんのQiitaを拝見したらさくらVPSに触れてる記事があったので、そもそもクラウドではないかもしれませんが、選定理由とかも踏まえて書いてあるとインフラ系のエンジニアを求める企業は「おっ!」ってなりそうです。

■プロジェクトB Webサービス開発

■開発時期:2016年頃

■担当工程

・企画
・要件定義
・設計(基本・詳細)
・実装・コーディング

■役割

・フロントエンド
・プロジェクトリーダ
・製品企画

■使用技術

・JavaScript
・SaaS
・HTML5
・jQuery
・Node.js
・gulp

本案件はユーザーがTHETAなどの360度カメラで撮影した写真を傘の内側にプリントできるサービスである。本案件において、企画からプロジェクト運営、フロントエンドの開発を担当した。自らが企画したものを具体化し、フロントエンドの開発にも携わり、リリースまで担当するという貴重な経験をした。

他企業と私個人が共同で運営するプロジェクトであったため、アイデアからサービス設計に起こす際に、お互いの意見の相違をどうまとめるが、革新性を保ちつつどう現実的なサービスに落とし込むかについてはかなり苦労した。

意見の相違があった際には別のアイデアも検討し、出てきたアイデアに関するプロトタイプを行うなどの試みを行った。

リリース後はファッションプレスやエンガジェット、アスキーなどのWebメディアにも取り上げられ、SNS上でも話題になった。

※moffersに登録したレジュメと同じ内容を高岸さんに見てもらいました。


意見の調整などで苦労された経験が記載されているので、チームの規模感があるとより信憑性が出そうです。

あと、Webメディアに取り上げられたり、SNSで話題になった際にはトラフィックも急増してそうなので、その時の負荷対策などあればより良いと思いました。


ありがとうございます!さっそくレジュメをバージョンアップしてみます。

次回はアマゾンウェブサービスジャパン(AWS)さんに選考過程を通過したら、どんな面接をするのか体験取材してきます!お楽しみに♪

「moffers」について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ!
池澤あやか、なぜCodeIQが年収確約スカウト「moffers」を打ち出したのか聞いてきました!

【PR】あなたの本当の評価がわかる!年収確約サービス「moffers」

登録した詳細な経験・スキル情報に基づき、企業が「年収」を明示した形でスカウトを行う、ITエンジニアのための転職サービス「moffers」がオープンしました!

あなたの本当の評価がわかる「moffers」に登録してみませんか?

【moffers参加企業】
日産自動車、富士通、本田技術研究所、三菱電機、サイバーエージェント、ソニーネットワークコミュニケーションズ、リクルートテクノロジーズ、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)、ほか

WebからIoT、自動運転、AIまで幅広い業種・職種がラインナップしています。この機会にぜひご登録ください!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。