体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AAAの動きに注目!多角的な試みの末のロングヒット?!【Chart insight of insight】

AAAの動きに注目!多角的な試みの末のロングヒット?!【Chart insight of insight】

 今週のHot100では、AAAの「LIFE」が7位にランクイン(【表1】)。9月20日に先行配信され、10/2付でいきなり8位まで上昇。その翌週には5位となり徐々に下がったが、10月18日にフィジカルCDにリリース後の10/30付では再び4位にまで上昇した。セールスだけでなく、ラジオのオンエア回数やツイッターのつぶやき数なども含めてどのポイントも高く、上位キープが順調なだけに、ロングヒットに期待できる。

 このシングルのヒット要因のひとつは、フジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」の主題歌になったことだ。ドラマ自体は苦戦しているようだが、まだ始まったばかりなので、今後の展開次第ではさらに相乗効果でヒットしていくだろう。

 ただ、単なるタイアップというだけではなく、メンバー個々の活動に関しても注目すべき点が多数ある。例えば、西島隆弘と宇野実彩子は、ディズニー映画『美女と野獣』の主題歌「Beauty and the Beast」をカヴァーして4月にYouTubeで公開したところ、1200万回以上もの再生数を叩き出してファン以外にも支持された。また、日高光啓はSKY-HI名義でヒップホップ作品を作り続けているが、5月リリースの「Silly Game」には社会問題を折り込み硬派な音楽ファンの間でも話題になった。他のメンバーも、ソロや客演などで幅を広げており、こういった活動がメインのAAAにボディブローのように反映されていくのだろう。

 こういった手法は王道ではあるが、個々の才能あってこその施策である。AAAには、こういった振り幅を上手く活用し、ロングヒットを生み出し続けていってほしいと思う。Text 栗本斉

関連記事リンク(外部サイト)

TWICEが大躍進! 今年のガールズグループを制するのは彼女たち?!
ドリカムは全方位でチャートを制覇?! DREAMS COME TRUEのサブスク解禁の成果はいかに?
今年のロングセラー大賞はエド・シーランか?!

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会