体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】ワールドチャンピオン室屋義秀が2017年シーズンを振り返る

【レッドブル・エアレース】ワールドチャンピオン室屋義秀が2017年シーズンを振り返る

室屋義秀選手がアジア人初のワールドチャンピオンとなり幕を閉じた、2017年のレッドブル・エアレース。日本に帰国した室屋選手が記者会見を行い、激動の2017年シーズンを振り返りました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

記者会見はレッドブル・エアレース千葉大会でMCを務めたAlee(アリー)さんとのトークショー形式で進行。記者会見の前日に帰国したという室屋選手は、ワールドチャンピオンのトロフィとともに登場しました。

実は今シーズン、室屋選手のナンバーである「31」のロゴはデザインがリニューアルされていました。よく見ると3と1の間に「1」が浮かぶようなシェイプになっています。再三していた「今年はワールドチャンピオンを目指す」という決意表明、それをナンバーのデザインにも反映させてシーズンに臨んでいたのです。
【レッドブル・エアレース】ワールドチャンピオン室屋義秀が2017年シーズンを振り返る3と1の間に「1」が隠された今季のデザイン

■激動の2017年シーズン

2017年シーズンは、室屋さん自身も「つらかったですね」と振り返る、オーバーGによるDNFに終わったアブダビ大会で開幕しました。「冬場、総合優勝と意気込んで機体をいろいろ改造したんですが、全部が裏目に出た」と言います。

「エンジンが完全にオーバーヒートして、全くレースにならない状態で。それでもレース日にはなんとか元に戻ってきたんですけどね。そしたらコンピュータのシステムを含めていろんなものが壊れてしまって……結局オーバーGに」

それでもレースの日には機体の速度自体は向上していた(だから感覚をアジャストできずにオーバーGになった)ので、第2戦サンディエゴ大会まで2ヶ月弱のインターバルの間にトレーニングとテストを繰り返し、その結果が今シーズン初勝利(通算2勝目)。そして第3戦・千葉での連勝につながった……と語りました。

千葉大会を終えて、ポイントランキングで初めてトップに立ちますが、実はその時点で「少しずつ崩れ始めていた」といいます。

「2連勝で色々お祝いしてもらったりで、スケジュールが過密になってしまい、トレーニングなど調整がいまいちし切れなかったというか。ブダペスト辺りからなんとなくテンポが崩れ始めていたんですけども……ブダペストではそれでも3位だったんで、まぁいけるかな、と思ったんですが、若干下ってる感じだったんです」

間をおかずに初のロシア開催となった第5戦カザン大会。ブダペストで感じた不安が、ラウンド・オブ14敗退という結果となって現れます。そして続くポルト大会では、機体の構造部(エアフレーム)が損傷し、ヒビが入るというアクシデントが発生。機体構造が損傷した状態でレースに出ることはできません。

「通常なら、(飛行場での)野外整備でなんとかなるものじゃないんです。工場に持ち込んで修理しないといけない内容なので……。これはちょっと無理かな、という感じがありつつもですね、でもそこに多くの技術者、航空機を製造するような技術者がいっぱいいますんで。みんなの協力を得て、2日間、2晩続けての作業で、機体が仕上がったのが予選日のお昼ですから……予選開始の1時間くらい前ですね」

1 2 3 4 5次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。