ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

髪だけでなく頭皮や肌もうるおす『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』11月10日新発売!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

うるおいあるツヤ髪は、女性の憧れ。この秋新発売のテスコム『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、美容成分であるコラーゲンとプラチナをナノサイズミストの風に乗せて放出するという世界初※のドライヤー! 髪にも頭皮にも、肌にも使用できるというが果たしてその効果は? 実際に使って確かめてみた!

 

『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、ナノサイズミストでコラーゲンを放出する世界初のドライヤー

髪にやさしいドライヤーの代表格といえば、通称・マイナスイオンドライヤー。なんとなく髪に良さそうだと思って使用している人は多いのではないだろうか? 株式会社テスコム(東京都品川区)『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』(参考価格 税抜19,880円※編集部調べ・2017年11月10日発売)は、美容成分・コラーゲンを風に乗せ放出するという世界初※のドライヤー。テスコムの新しい美容テクノロジー「CPN(*コラーゲン・プラチナ・ナノサイズミスト)」を搭載した最新モデルだ。気になったので、商品を入手してその仕組みや美容効果を確かめてみた。

 

今はほとんどのドライヤーに搭載されている「マイナスイオン」だが、大手家電メーカーから発売されているドライヤーの場合は「負の電荷を帯びた微粒子水」のことを指す。私たちのまわりにある空気の水分から生み出されるこの小さな水の粒子が、髪の内部や地肌の中に入り込んで潤いを与えてくれる(もしくは乾燥を防ぐ)というのがマイナスイオンドライヤーのメリットだとされているが、その効果は実はあいまいで、本当に効果があるのかはあやしいとこれまで何度も議論が繰り広げられてきた。

新発売の『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、もはや定番化したマイナスイオンではなく、新しい美容テクノロジー「CPN」(コラーゲン・プラチナ・ナノサイズミスト)をメイン機能として搭載しているから注目度は高い。『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、キューティクルの間隔より小さな「ナノサイズミスト」がキューティクル間に浸透し、髪にうるおいを与えるというテスコム従来のうるおい機能に加え、さらにコラーゲンとプラチナをナノサイズミストで放出する美容ドライヤー。髪や頭皮、そして素肌にもうるおいを与えてくれるらしい!

 

ドライヤーはもはや美容家電といえる時代、『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』はどんな効果をくれるのだろうか? 実際に使って、その使い心地や効果を体感していこう!

 

新発売『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』の機能は?魅力は?

『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、本体+3種類のフード(先端に付け替えるパーツ)が1つのセットになっている。本体は高さ25.4cm×幅21.0cm×奥行き9.3cmで、家庭用ドライヤーとしてはやや大型。「早く髪を乾かしたい」という風量重視の人が選ぶモデルとしては一般的なサイズだろう。重量は640g。

 

本体の上部には扉があり、中には「コラーゲンプラチナボックス」が入っている。これがコラーゲンとプラチナをナノサイズミストで放出する仕組みらしい。

本体に搭載された「コラーゲンプラチナボックス」。

まずは最も多く使用するであろう「モイスチャーフード」から体験。ドライヤーは髪を乾かすためになくてはならないアイテムだが、「乾燥してダメージが進行する」というイメージがある。しかし、この『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は乾かした後もうるおいが持続することが特長らしい。

モードはわかりやすいLED表示。

うるおいを補うことでキューティクルの密着性を高め、なめらかな指どおりになるという。しかもキューティクルが整うことで紫外線ダメージも軽減でき、パサパサ・ごわごわの手触り、枝毛や切れ毛を防ぐ効果が期待できるそうだ。

 

実際に使ってみると、まず風の違いに驚く

まず、風が柔らかい!

実際に髪を乾かしてみると、「コラーゲンやプラチナを浴びている」という実感はほぼ無いが、大風量なのに風がすごく柔らかいことにびっくり! 髪や頬に触れる感触がなめらかで、とてもやさしい。また、耳やうなじなど皮膚の薄い部分に熱風が当たっても、一般的なドライヤーで感じるような不快な熱さを感じないから不思議。この心地良さだけでもかなりメリットに思えた。

 

乾かした後の髪が確かにしっとりしている気はしたので、忙しい朝のスタイリングが少しラクになった。これから寒くなってくると髪のパサつきが気になるので、少しでもうるおいを保持できてセットしやすくなるなら嬉しい。

乾燥後のしっとり感が増し、朝のスタイリングがラクに。

『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は、頭皮の皮脂バランスを整える効果も期待できるという。皮脂バランスはフケやかゆみ、発疹といった頭皮トラブルの原因になるから、女性も男性もすっきりさせたいところ。もちろん、頭皮環境は食生活や生活リズム、シャンプーの成分などの影響も受けるので一概にはいえないが、スカルプケア効果を期待できるドライヤーは魅力的だ。

 

コラーゲンの風で素肌をうるおす「スキンモード」も搭載

新たな常識、コラーゲンの送風で肌をうるおす!!

続いては、「スキンモード」に切り替えて使用してみる。スキンケアの後、スキンモードに設定した『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』で素肌に風を送ると、肌の皮膚水分量をアップさせ美しいツヤ肌を目指せるという。ニキビやシミの原因といわれる「ポルフェリン」の量を減らす効果も期待できるらしい。

 

計3種のノズルを標準装備

風を一点集中させるノズル「集風フード」。

さらには、先端部分を「集風フード」に取り換えて使用してみる。モイスチャーフードをつけていた時は風の広がりを感じたが、集風フードをつけると今度は風が1点に集まってくる。ブラシを使ってブローをする時にピンポイントで風をブラシに当てられるので効率的にブローができる。

髪にボリュームを持たせる「ディフューザー」。

また、パーマヘアの人には円形のフード「ディフューザー」が便利。柔らかい風を拡散させることで広範囲に送れるから、髪をふんわりと乾かせた。パーマヘアでないひとも、年齢や髪質によってトップのボリュームの少なさが気になる人にはおすすめ。髪が根元から立ちやすくなるので、頭頂部がペタンコになりにくく若返ったような気分になれた。

 

まとめ:コラーゲンの風に、確かな違いを感じた

『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』を実際に使ってみると、髪のパサつきが少なくなってうるおいがキープできているような実感があった。するっとなめらかに髪が乾かせることに魅力を感じた。19,880円(税抜)という決して安くはないお値段だが、あえて選びたいと思うだけの使い勝手の良さや満足感はあったので、ドライヤーを購入したいと考えている人にはおすすめしたい。

 

テスコム『CPN コラーゲンイオンヘアードライヤー』は2017年11月10日より全国のカメラ量販店およびインターネットショップで販売開始。本体に加え、3種類のフードがついて参考価格は19,880円(税抜)。髪や頭皮、素肌のケアもできるマルチなドライヤーは、乾燥がますます深刻になる冬に活躍しそう。

※コラーゲン成分を配合したコラーゲンボックスを世界で初めてドライヤーに搭載。2017年10月株式会社テスコム調べ

関連記事リンク(外部サイト)

デスクで乾燥対策!『たまご形USB加湿器』は、おしゃれなのに欲しい機能がすべてつまったハイスペック加湿器!
あの皇潤の共通成分を配合した『栄潤』新発売!名取裕子さんのようにヒザ楽々の快活な暮らしを送ろう!
食事制限ナシ! 飲むだけで痩せられると話題の大人気『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』はまるでフルーツジュースのような青汁!
W洗顔不要のD.U.O『ザ クレンジングバーム クリア 』美容成分が浸透するから洗い上がりしっとり!毛穴が気になる人に!
新発売!世界初のジュレ『ハッピーシリカ』の成分は?効果は?美のミネラル・シリカと75種の酵素のパワーを体感してみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。