体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『食卓塩飴』かわいくてレトロなパッケージがインスタ映えすると、じわじわ人気上昇中!

 

昭和の時代には、どこの家庭にも常備されていた「食卓塩」。そんなレトロ感あふれる小瓶を模したパッケージのキャンディ『食卓塩飴』が、そのかわいさからじわじわと人気となっているという。これは気になる! ということで、さっそく入手して、試食してみることにした。

「塩感」満載のパッケージにいい意味で裏切られる甘さ

「食卓塩」といえば、かつては日本専売公社が製造・販売していた塩であり、現在では公益社団法人塩事業センターが事業を継続している。ちなみに、塩の専売制は1997年に廃止されたことで、それまで独占事業として日本たばこ産業(JT)が販売していた塩の新規参入が可能となった。それによって、どこの家庭にも置かれていた「食卓塩」のシェアが減少していったという経緯がある。

 

ただ、現在でも「食卓塩」は販売されており、しかも昔から変わらない赤いキャップの小瓶のまま。そんなレトロ感あふれる「食卓塩」の小瓶をイメージしたキャンディが、名糖産業(名古屋市)の『食卓塩飴』(10粒56g・参考価格 税抜150円前後・発売中)だ。実は発売が今年の5月と、すでに半年ほど経過しているのだが、じわじわと人気を呼んで話題になっている。そのレトロ感あふれるパッケージが「かわいい」と女性に人気なのだそうだ。

パッケージ前面には「食卓塩入りました。」の文言。そう。このキャンディは、名糖産業と塩事業センターのコラボ商品なのだ。ここ数年、「塩キャラメル」や「塩サイダー」など、甘いのに塩辛いという相反する商品が人気を集めており、この「食卓塩飴」も、そういったジャンルの商品だということが想像できる。

 

食卓塩(左)を模したパッケージが印象的。

 

ということで、実際の「食卓塩」と並べて比較してみた。実に忠実な再現度で、思わず笑みが漏れてしまった。「食卓塩」のフォントなどは、まったく同じものが使われている。やや、文字等の色が朱色っぽいかなと思わなくもないが、そこまで再現率にこだわる必要はないかもしれない。

 

原材料は砂糖、水あめ、食塩のみ。無香料で無着色とシンプル。ただし、「食卓塩」のほうには炭酸マグネシウムが使用されている。

 

それでは、実際に食べてチェックしてみよう。

 

 

使用されている原材料を考えれば、想像どおり淡いホワイトのキャンディ。小分けの袋が透明なので、このような白い地の上に並べると埋もれてしまう。

 

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会