ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

人生経験として「お見合い」をしてみる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人生経験として「お見合い」をしてみる

「お見合い」は人生経験

お見合いと言えば、堅苦しい印象や煩わしさ、断る気まずさがあるかもしれません。また、「緊張しやすいからお見合いなんてハードルが高すぎる」と思われて、行動に移せない方もいるかもしれません。

しかし、現代版のお見合いは、出会いの仕方も、お見合いのスタイルも昔と大きく変わりました。

何より、お見合いは良い人生経験になります。お見合いをしてみないとわからないこと、お見合いならではの新たな人間関係、「結婚」への自分の想いの確認。日常の延長線上にはないできごとを体験することができます。

昔ながらのお見合いの気まずさ、今はありません

今、結婚相談所では、ご自分のスマホ、パソコン画面上から検索してお見合い相手を選びます。「申し込み」や「お断り」は双方の相談所間で行い、お見合い前に、お相手と直接やり取りする事は一切ありません。自分の担当者に意思を伝えるだけで進めます。

お見合いは、お互いの相談所間で場所・時間を調整し(都市駅付近のホテルのラウンジなど)、当日は1対1で喫茶のお見合いです。支払いは男性がする規則の所が多いです。お見合い後の返事は、お互いの担当者に伝えるだけ。当人同士の気まずいやり取りは一切発生しません。

お見合いでの出会いは、毎回あなたをリセットできます

今、あなたは周りからどう見られているでしょう。職場や知人、周りが見ているのは、昔からのあなたの印象です。一度インプットされた印象を変えることはなかなか難しい。

お見合いの良さの一つは、お互い先入観無しに、「白紙の状態からスタートして、あなたという人を真っ直ぐに見て貰えるところ。そして見るところ」。結婚へのスタートラインは、お互いに一緒、たとえプロフィールや写真であなたを見ても、あなたの人柄や、内面的な事までは解らない。お見合いで出会ったその時から全てが始まるのです。

お見合いでの緊張は、あなたの評価を高めます

お見合いは最初はだれでも緊張します。慣れない場所で初対面の相手と話をすることになるのですから、当然です。しかし、何度もお見合いを経験するうちに慣れることで緊張せず、会話もスムーズにできるようになります。しかし、「お見合い慣れ」は逆効果だったりします。

お見合いで一番大切なのは「誠実さ」を見せること。常に謙虚に接すること。たとえ会話がスムーズであっても、横柄な態度では結婚相手としての魅力が半減してしまうのです。

つまり、毎回緊張しているくらいの方がいいのです。

お見合いの出会いは奇跡と発見です

お見合いの出会いは一回一回が奇跡です。なにが起きるか分からない。写真やプロフィールでは知り得なかった新たな発見もある。会った瞬間に、「心に感じること」もある。結婚を決めた方は、会った瞬間に感じましたという方も実は多いです。それをあなたが発見しにいきましょう。

また、私の仕事は、あなたを成婚に導く事が最大の目的ですが、婚活を通じて社会との繋がり、友人、知人との繋がり、職場でのコミュニュケーション力が向上することも大きな目標です。

あなたがその力をつけることは、結婚だけでなく、長い人生の中でとても重要な事と考えています。婚活は、あなた自分を磨く、大切な時間です。

あなたに、「婚活のマニュアル」を伝えるつもりはありません。「あなたが相手の気持ちを察する心」を引き出したいと思っています。結果は、その後について来るものと信じています。「成婚(成功)」を祈ります。

(山崎 雅夫/仲人)

関連記事リンク(外部サイト)

結婚生活における心構えとストレスへの対処法
お墓を購入する適切なタイミングはいつ頃?
婚活で突然相手に断られないために やってはいけないNG行為とは?

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
JIJICOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。