ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本初の旗艦店「カナダグース」の機能性はこんなに凄い!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本初の旗艦店「カナダグース」の機能性はこんなに凄い!
J-WAVEで放送中の番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「DIANA Shoes NEW LOOK」。11月5日(日)のオンエアでは、11月3日に千駄ヶ谷にオープンした「カナダグース」の日本初のフラッグシップストアに注目しました。

「カナダグース」は、60年前にカナダ・トロントにある小さな倉庫からスタートしました。「世界で一番あたたかい服を作る」ことをコンセプトに、氷点下30℃以下でも耐えられるような商品もあるそうです。

さらに、こだわりをお聞きしたところ「極寒地ならではの本物のストーリーや、現地の知恵が表現されています。ダウンのクオリティは水質に大きく影響されるといわれていて、水質の良い湖で育った水鳥の最高品質の羽毛を使用しているため、保温性も抜群です!」とのこと。フードには凍りづらいファーを使用しているので、凍傷から顔を守るそうです。すべてはあたたかさを考えた、機能性を優先したからこそのデザインも特徴です。

カナダグースは卸売を中心にしてきましたが、2016年からはカナダやニューヨークのソーホーに店舗やフラッグシップストアをオープンしました。同マネージャーは「60年の歴史を通じて、改めて、カナダグースの奥深さを体感していただけたら」とのことでした。

フラッグシップストアの特色は、メンズ、ウィメンズ、キッズ、アクセサリーなど、すべてのカテゴリにおいて、フルラインナップが取り揃えてあります。

それぞれのジャケットには「サーマル・エクスペリエンス・インデックス」という指数が表記されており、どのくらいの寒さまで耐えられるかが分かるようになっています。さらに、0℃以下まで体感できるフィッティングルームも設備されています。

ジャケット以外にも、イタリア製のニットコレクションも販売。ニットにはテフロン加工が施してあるため、撥水性があります。玄理は「カナダグースがあれば、寒さも怖くないですね!」と感心していました。

さらに、今年のファッションのポイントについて「オーバーサイズシルエットが大きくテーマになっています。カナダグースが今のテクノロジーを最大限に発揮した、新しい素材などハイブリットなモデルもニューコレクションとして注目です」と教えていただきました。

ちなみに、「カナダグース」の60周年、カナダ建国150周年を記念して、カナダコートというモデルがフラッグシップストア限定で発売されています。メンズ、ウィメンズ合わせて約40着しかないそうなので、気になる人は要チェック!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。