ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一度は行きたい伊勢神宮。見どころ&伊勢参りゆかりの地まとめ【三重】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

三重への旅で外せない場所と言えばやはり伊勢神宮ですよね。

本来「神宮」というのが正式名称で外宮・内宮以外の別宮も含め全125社の総称ということはあまり知られていません。

今回、日本一の神社とも言われる訳を知りたく、大学の神道学科の先生にインタビュー。

さらに全国からの伊勢参りに伴い発展した伊勢志摩エリアの観光スポットをご紹介します。

古くは万葉の時代から人々に愛され、多くの人が訪れる伊勢。

歴史を頭に入れて訪れるとさらに楽しめますよ!

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■伊勢神宮について詳しく知りたい!

■伊勢神宮・お伊勢参り ゆかりの地

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

天照大御神の食事を司る衣食住、産業の守り神。

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)内宮と外宮で微妙に異なる社殿にも注目

今から約1500年前、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の食事を司る神様として丹波国から迎え入れられたと伝わります。

衣食住・産業の守護神、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。

外宮とは皇大神宮(内宮)から見て「外にある宮」という意味で呼ばれたのが由来。

両宮は決して同格ではなく、皇大神宮こそが神宮の中心であることが分かります。

参拝前に理解を深めよう

まがたま池横の「せんぐう館」では、20年に一度の式年遷宮を中心に、神事や装束、社殿建築などを展示しています。

外宮正殿の原寸大模型は迫力! 伊勢神宮 外宮(豊受大神宮(とようけだいじんぐう))

TEL/0596-24-1111(神宮司庁)

住所/伊勢市豊川町279

参拝時間/10~12月:5時~17時(1~4月・9月は~18時、5~8月は~19時)

定休日/なし

料金/参拝自由

アクセス/電車:JR・近鉄伊勢市駅より徒歩5分

車:伊勢道伊勢西ICより5分

駐車場/周辺有料駐車場利用

「伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)」の詳細はこちら

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

日本人の総氏神を祀る最も位の高いお宮。

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)内宮への入口、宇治橋から正宮まで徒歩15分

皇室の御祖神であり日本人の大御祖神(おおみおやがみ)である天照大御神をお祀りしています。

皇位のしるしとして受け継がれてきた三種の神器のひとつ、八咫鏡(やたのかがみ)をご神体とし、全125社からなる伊勢神宮の中でも最も位が高い場所。

約2000年前に五十鈴川沿いに鎮座し、現在でも全国の神社の本宗として特別に崇敬を集めています。

参拝前に理解を深めよう

内宮近くのおかげ横丁内、「おかげ座 神話の館」では映像と和紙人形で神話の世界を体感できます。語り手の話はユニークで分かりやすい。 伊勢神宮 内宮(皇大神宮(こうたいじんぐう))

TEL/0596-24-111(1神宮司庁)

住所/伊勢市宇治館町1

参拝時間/10~12月:5時~17時(1~4月・9月は~18時、5~8月は~19時)

定休日/なし

料金/参拝自由

アクセス/JR・近鉄伊勢市駅より三重交通バスで16分

車:伊勢道伊勢西ICより5分

駐車場/周辺有料駐車場利用

「伊勢神宮 内宮(皇大神宮)」の詳細はこちら

伊勢神宮・お伊勢参りの気になるアレコレ

\教えてくれたのはこの方!/

皇學館大学 文学部 神道学科 松本教授

明治15(1882)年に神宮の学問所に創設され特色ある神道学科を持つ大学。神職を目指す学生を中心に日々教鞭をとっています。

伊勢神宮ってなぜこんなに有名なんですか?

一番尊い神「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」をお祀りする別格の神社です。

神宮は数ある神社の中でも別格。日本の神社の原点で、皇室の御先祖である日本人の総氏神「天照大御神」をお祀りしています。

平清盛や織田信長など歴史上の人物も参拝したと伝わり、平安時代から現代まで広く信仰されています。

お伊勢参りの歴史を教えてください!

江戸時代に一大ブームに。日本の歴史と深く関わっています。

古来、天皇が国家安泰や五穀豊穣を祈る場所のため私的なお供えや祈祷は禁止でした。

しかし平安時代末から庶民もお参りを始め、時代が下るにつれ増加。

江戸時代には御師(おんし)と呼ばれる伝道者が登場し瞬く間に庶民に広がりました。

お伊勢参りにルールってあるんですか?

外宮から内宮の順で。毎日の感謝の心を伝えましょう。

神宮のお祭りが外宮から行われるのにならい、外宮から内宮の順にお参りするのがならわしです。

伊勢神宮は心静かに毎日の感謝の気持ちを伝える場所。

個人的な願い事は地域の守り神である家の近くの神社(氏神様)などで行いましょう。

秋に大きな祭りがあると聞きましたが?

最も重要なお祭り「神嘗祭(かんなめさい)」が10/15~25 に行われました。

神嘗祭とはその年収穫された新穀を最初に天照大御神に捧げ、恵みに感謝する一年間で最も重要なお祭り。

16日の外宮、17日の内宮の奉幣(ほうへい)という儀式は参拝時間内に行われるので一般の人も参道などから見学できます。

賓日館【伊勢市】

歴代の皇族、要人を迎えた格調高い賓客の間。

賓日館

明治20(1887)年神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として建設された格調高い建物。

現在は一般公開されていて、当時の一流の建築家や職人たちが造り上げた贅沢で美しい空間を見学できます。 賓日館(ひんじつかん)

TEL/0596-43-2003

住所/伊勢市二見町茶屋566-2

営業時間/9時~17時(入館~16時30分)

定休日/火(祝日の場合翌日)

料金/入館料大人300円、小中学生・高校生150円

アクセス/伊勢二見鳥羽ライン二見JCTより4分

駐車場/30台

「賓日館」の詳細はこちら

二見興玉神社【伊勢市】

良縁祈願もできる参宮前の禊(みそぎ)の神社。

二見興玉神社縁結びスポット夫婦岩で有名な海岸沿いに鎮座秋~ 冬の 満月時には 夫婦岩の間 から月が昇る秋~ 冬の満月時には夫婦岩の間から月が昇る

神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める「浜参宮」という習わしがあり、現在でもここでお祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多いんだとか。

ご利益は縁結び・夫婦円満・交通安全など。 二見興玉(ふたみおきたま)神社

TEL/0596-43-2020

住所/伊勢市二見町江575

営業時間/参拝自由

定休日/なし

アクセス/伊勢二見鳥羽ライン二見JTCより3分

駐車場/30台、二見浦公園にも駐車場あり

「二見興玉神社」の詳細はこちら

花の窟神社【熊野市】

神々の母が葬られた日本最古の神社。

花の窟神社高さ約45mの巨岩がご神体。約170mの大綱は日本一長いと言われる

天照大御神より昔、神々を生み出した母イザナミノミコトを葬った日本最古の神社として日本書紀にも記されています。

紀伊山地の霊場と参詣道として2004年に世界遺産に登録されました。 花の窟(はなのいわや)神社

TEL/0597-89-0100(熊野市観光協会)

住所/熊野市有馬町上地130

営業時間/見学自由

定休日/なし

アクセス/熊野尾鷲道路熊野大泊ICより10分

駐車場/20台

「花の窟神社」の詳細はこちら

榊原温泉【津市】

万葉時代より湯ごりの地と愛されてきた美肌の湯

榊原温泉 湯元榊原舘肌にまとわりつくようなとろりとした美肌の湯

斎王が神宮へ向かう際に身を清めたという歴史ある名湯。

清少納言も「枕草子」で三名泉とお墨付きを与えています。

アルカリ性単純温泉の湯はつるつるすべすべになると評判で今も女性に人気。 榊原温泉

TEL/059-252-0017(榊原温泉振興協会)

住所/津市榊原町

アクセス/伊勢道久居ICより20分

「榊原温泉」の詳細はこちら

いつきのみや歴史体験館【明和町】

伊勢神宮に仕えた皇女斎王の暮らしを体感。

いつきのみや歴史体験館天皇・皇后・斎王などしか乗れなかった輿(こし)。乗り心地やいかに?いつきのみや歴史体験館本格的な十二単体験も。男性・子ども用もあり

天皇に代わって神宮に仕えた皇女・斎王が住んでいた斎宮。

その斎宮が最も栄えた平安時代の遊びや生活文化を気軽に体験できます。

平安貴族の装束体験や日常体験などの体験メニューがあり雅な気分になれそう。 いつきのみや歴史体験館

TEL/0596-52-3890

住所/多気郡明和町斎宮3046-25

営業時間/9時30分~17時(入館~16時30分)

定休日/月(祝日の場合翌日)、祝翌日、年末年始

料金/入館無料、平安装束体験5500円

アクセス/伊勢道玉城ICより20分

駐車場/30台

「いつきのみや歴史体験館」の詳細はこちら

※この記事は2017年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【2017年秋冬】東北のおすすめ観光スポット21選!絶景露天にイルミイベントも
【秘湯&名湯】秋にオススメ!おんせん県・大分の泉質自慢な湯・厳選6
市場で新鮮な魚介を食べ尽くそう!金沢・下関のおすすめ海鮮ランチ【石川・山口】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。